本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
大空です^^
MA.Nさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

先日は5回目のセッションをありがとうございました。

セッションはいつも“静寂”これだけです。
意識が他の音や感覚にとけて、一つになっている。
肉体の感覚が薄くなることで、“ただ在る”幸せを感じる。
大空さんのセッションは全然ぶれることなく、それを体感できるセッションです。」

はい、静寂がぶれることはありませんね^^

「最近気がついたのですが、外側つまり環境なのですが、その変化を感じています。
まず、他人がとてもやさしいなと思います。
役所に用事があって行ったのですが、本当に親切でびっくりしました。
(以前なら考えられないくらいです)
そういったことだけでなく、他の人々も本当にやさしいです。

親切にされてすごく嬉しい感じはしますが、ぶれない嬉しさというか
今までの嬉しいという気持ちよりももっと純粋な感覚を自分の中で感じます。」

Nさんの波動がよくなっているので、それが人との交流に現れているのでしょうね。

自分がハート・真心で生きていると
ハート・真心で生きている人たちと自然に縁がつながっていきます。

「関わってしんどい人もいますが、以前はすぐに被害者意識になっていたのに
それがないことに気がつきました。

無意識にあったと思われる、相手に求めている感覚がほとんどないからかなと思います。

それに気がついたとき、無意識の思考や感情のパワフルさに驚かされました。
でもそれ以上に、空の意識でいると
その無意識の思考や感情がちゃんと浄化されていくことにも大きな安堵感を感じます。

そういった感情は消えることがわかったので
今はただその意識に預ける(手放す)ことでいいんだと思え
いろいろなことをリラックスして行えます。」

他人に対する過剰な期待を手放していき
自分の内側を充実させていくことが大切ですね。

「もう一つは、もう何年も手放せずにいた感情を最近手放すことができ、大きな仕事が一つ終ったな・・・とご機嫌でいたら、連絡が途切れてもう二度とコンタクトができないと思っていた大切な人と奇跡的な出来事が重なって、つながることができたということです。
ホントにびっくりでした。
エゴにのっとられずに、空の意識を大切にして関わっていきたいなと思っています。

この小さな変化はわたしに信頼と安心を与えてくれています。
きっとセッションで、その意識を高めることができたからかなと思います。」

古い流れが終わりを告げ始め
新しい流れが始まっていますね。

「これでセッションを一区切りしますが
今からはじまる冒険についてまたご報告させていただけたらなと感じています。

ありがとうございました。」

はい、Nさんの大きな人生の転換期に共鳴セッションさせていただくことになり
わたしも感慨深く思っています。

Nさんの新しい人生の流れがすばらしいものになるように祈ります。

何か報告したいことがありましたら、ご連絡してください^^

大空

【2013/09/07 11:13】 | MA.Nさん
トラックバック(0) |
大空です^^
MA.Nさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空 さま

先日は4回目、最後のセッションをありがとうございました。

大空さんからは、最初の頃とは印象が随分違うと言われましたが、自覚はありません(笑)
ただ、最初はとても警戒していたかもしれません・・・(^^;」

回を重ねるごとに、落ち着きと快活さが増していきましたね^^

「今回も静かなセッションでした。
というより、ほとんど無思考なので、本当に無って感じなんです。
意識のほうが自分だという感覚も強くて、無になっています。

だから最初のセッションのときよりも時間がとても短く感じられます。

「え?もう時間がたったの??」っていう感じなのです。」

無の状態、空の状態は意識が鮮明なまま
心身が深くリラックスし、深い眠りのような状態になることです。

ですから時間がとても短く感じられます。

「私がセッションを申し込んだ理由は
自分の覚醒体験がどのようなものなのかを客観的に知りたかったのもありますが
自分自身が人生の転換期だと感じていたので
それが本当に自分にとっての真実なのかが知りたかったからです。

1ヶ月半にわたり、セッションをしていただきましたが、
進もうとしている道の答えが変わらなかったので、そこに進んでみることにします。

セッションでの“無”は私に行動する勇気を与えてくれていました。

ただ静寂の意識にいるときに創造のパワーが沸くのは本当に不思議です。
世の中とは逆ですからね。
世の中は行動してナンボっていう価値観なので・・・。」

無・静寂はすべての現象の基盤にあります。

無・静寂に落ち着くことで
自分がやるべきことが自然に見えてくるようになります。

「恐怖や不安でガチガチになったら
空の意識にそれをあずけていると本当に心が穏やかになります。」

恐怖・不安は静寂・空の中に浮かんでは消える部分的現象です。

静寂・空は恐怖・不安という部分的現象を静かに包み込んで観ている全体意識です。

恐怖・不安を無理やりなくそうとするのではなく
ずっと静寂・空である自分自身に意識を向けることで
恐怖・不安は自然に力を失っていきます。

「自分では進歩があまりみえなかったのですが
色々なことに気がつく-例えば古いパターンなど-ことができて
自分の手放したいところが本当にはっきりとみえてくるのは
どんなカウンセリングよりもすごいなと思いました。

来週の有料セッションもよろしくお願いいたします。」

意識が静まり鮮明になっていくと
これまで気づけなかったことが気づけるようになり
その気づきがさらに意識を静め鮮明にしていきます。

静寂はありのままに現象を映し出します。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/08/29 12:15】 | MA.Nさん
トラックバック(0) |
大空です^^
MA.Nさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

先日は3回目のセッションをありがとうございました。

セッションは回を重ねるごとにリラックスをしてきたように感じます。

最初のころに比べて短い時間で、グランディングをすることができるようになってきたように感じます。
あと、姿勢がよくなるなるなと思います。
なのでなんとなく、リラックスしながらすっきりした感じがします。」

グラウンディングのときに自分が山になったとイメージして
自分の中心にまっすぐなパイプ、グラウンディングコードがあるとイメージします。

中心軸をイメージすることは姿勢をよくする効果があります。

中心感覚がリラックスを促し、リラックスが中心感覚を促します。

「意識を共鳴させていると、身体の感覚が薄くなり、意識がはっきりしてくるのが感じられます。」

はい、共鳴によってトーラスの循環が力強くなり、
エネルギー体である自分を強く感じるようになり、意識が鮮明になります。

「それでいて、思考は静かなので、意識に気がついている気づきが深まり、
真我とともにいやすくなるなと思います。」

Nさんはガンガジの本を読んでいるので
「気づいている意識が本当の自分・真我」
ということが理解できていますね。

「ハートも静かであたたかい感覚があり
じんわりとすべてを包むような感覚があります。」

ハートが活性化しているのがよくわかる感覚ですね。

「日常生活でもハートに安住をしていると
物事がおさまるべきところにおさまることが実感しています。」

ハートという中心に安住してハートにおさまることで
力強いトーラスの循環が起こり
すべてのバランスが自然に整っていきます。

「セッション共鳴中は意識がとてもはっきりと、そしてとても大きな広がりを感じれるので、
安心感やリラックス感は、本当に深く実感できます。

うすうす感じていたのですが、
自分がどんなペインボディをもっているかもはっきりと理解が進みました。

形を変えて色々な状況がやってきて、結局しばらくの間はペインボディに飲み込まれるのですが
はっきりと分かるようになったのがよかったと思います。

自分にとっての悟後の修行の在り方ができてきたなと感じています。」

まだセッション3回目ですが、共鳴の醍醐味を実感できていてすばらしいです。

「ペインボディ」はエックハルトの言葉ですが
エックハルトの言葉は覚醒について的確に懇切丁寧に解説していて
すばらしいガイドになります。

禅の世界では悟前の修行より悟後の修行を重要視してます。

日常生活の中でいろいろな体験を通じて地道に気づきを深め広げていく実践です。

内側の静寂・至福は無限に深まり続け広がり続けます。

「自分にとってとてもためになる本にも出会え
自分がこんなことがしてみたいなと思うことがなんとなく、ぼやっとですが
わかってきたのが嬉しいなと感じます。」

次回のセッションもよろしくお願いいたします。」

ハートに安住できるようになると
ハートが望んでいることが自然にわかるようになりますね。

セッションで会うたびにNさんがリラックスして快活になっている様子がうかがえて
とてもうれしく思います。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/08/12 09:33】 | MA.Nさん
トラックバック(0) |
大空です^^
MA.Nさまからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

先日はセッションをありがとうございました。
セッション前日とセッション当日
「もうナンナン?この怒りは!!」というぐらい怒りがでていて、とても疲れていたのですが、お話をお聞きして納得できてよかったなと思いました。

グットタイミングでした。」

セッション前日はマヤ暦の「時間を外した日」で
セッション当日はマヤ暦の「銀河同期の日」でした。

エネルギーが非常に強くなる日だったので
感情の解放・浄化が起こったことがよくわかります。

「他の方々にとってもそうだと思いますが、
私にとっては自分の中に内在する怒りの解放が本当にテーマなので、
解放が進んでいるのはいいことだなと思いつつ、
怒りのパワーに疲れを感じていましたが、
セッションを受けて、あんなに怒り心頭だったのに本当にどうでもよくなって、
今にいたります。
「あ~、共鳴ってすごいなー」と思いながら、セッションを受けていました。

そして、怒りの中にあった悲しみも共鳴の中に溶けこませていたところ、
スッと静かな喜びに変化していました。」

怒っている状態を「頭に来る」と言う場合がありますが
これは本当にエネルギーが「頭に来て」怒りに振り回される状態です。

怒りは「あのときわたしはこうされた!」という記憶によって起こるので
「頭の中の記憶」に振り回されるのです。

共鳴セッションを受けると
頭に向かっているエネルギーがハートに力強く一点集中するので
静かな喜びという状態になります^^

「普段から真我を感じながら歩いていたり、仕事中も感じたりしていているのですが、
ひどい感情(強い怒り)のときは身体に受ける衝撃が強くて、
なかなか立て直すことができないのですが、
セッション中はしっかりと中心に入れる感覚があります。」

共鳴によってハートという中心に入るということです。

左右に振り回されず、ひたすら中心に向かう道が中道です。

「自分がやわらかい膜のようなもので守られている感覚があり、
羊水の中にいるような感じでしょうか、そんな感覚がありました。
胎児のときもきっと意識があり、もっと純粋だとは思うのですが、
こんな風に感じていたのかなと、フッと思ったりもしていました。」

共鳴によってハートを中心にトーラスの大きなエネルギーフィールドが発生し
そのエネルギーフィールドに包まれ守られるということですね。

「今回は2回目のセッションでしたが、セッションが進んでいくうちに、
やっぱり私は漠然ととても怖さを感じていて、
なんとなく自分の意識が無意識に逃げている感覚を強く感じていました。
でも、見てしまった以上、ゆっくりとでも自分のペースで向き合っていければな思いました。」

これまで慣れ親しんできたマインドの世界から未知のハートの世界にシフトするとき
不安・恐怖が出てくる場合があります。

無理せず自分のペースでハートへのシフトが進めることですね。

「今回のセッションでは、自分でもきちんと共鳴を感じられることができたのが、
とてもよかったです。
物理的な距離を越えて、共鳴が起こることが可能だということが理解でき、
ガンガジなどの覚者が、ただ目覚めていることが世界に平和をもたらすことの意味が
なんとなく経験できたことも嬉しかったです。

次回はどんなことが経験できるか楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。」

「目覚めている」というのはマインドの幻想から目覚め
ハートが開き目覚めているということです。

目覚めている人のハートから発されているトーラスの至福のエネルギーが自然に周りに伝わり
世界に平和をもたらしていくということです。

ひとりひとりの内側の平和が
外側の平和を自然にもたらしていきます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/07/29 20:41】 | MA.Nさん
トラックバック(0) |
大空です^^
MA.Nさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

先日は無料セッションをしていただきありがとうございました。

このセッションを受けるまではとても悩みました。
私の場合、半年前に少しだけ覚醒体験をしていたのですが、
最近ハートの感覚も閉じてしまっていて、静寂の意識に気づくことができるけど、
すごく憂鬱さが続いていたというのが私の状態でした。

覚醒体験したのになんだかそれも辛くなってきていて・・・、
でも自分ができることがまだあるんじゃないのか、
そんなに人にそうそう頼ってはいけないなどという思考もあり、
HPをみては色々と考えていました。」

「自分自身でハートを大きく開き
 自分自身の内側に広大な静寂・至福を開いていく」

という人をサポートするのが共鳴セッションです。

道を歩くのは自分自身であり
わたしは隣を歩くだけです。

おんぶや抱っこはできませんし、しません^^

「でも結果は受けて本当に良かったです。
思考型の私には大空さんが色々と教えてくださることがとてもためになりました。
セッション前はすごく濃厚な講義を受けているみたいに色々な知識を教えていただき、
疑問だったこととかもよくわかり、それがとても楽しかったです。」

対話で知的な理解を促し、共鳴でエネルギーの流れと意識の変化を実体験して
覚醒を進めていくのが共鳴セッションです。

「大空さんには話してはいなかったのですが、
今人生の転換期みたいなところにたっていて、すごく悩んでいたのですが、
シンクロニシティかなと思うようなことも話の中で発見できたことも
よかったなと感じています。」

いまこの時期、大きな時代の流れによって
多くの人たちが人生の転換期を迎えています。

古い自分を手放していき
新しい自分に生まれ変わっていくという大きな転換期です。

マインドを手放していき
ハートで生きていくという大きな転換期です。

「セッションのほうですが、
最初のグランディング瞑想では、体の血液の流れる感覚とかを感じることができて、
なんだか体がしっかりしたような感覚がありました。

精神世界に10年どっぷりつかってきたのですが、
瞑想はとても苦手だったので、こうゆう感覚が得れたことが驚きました。」

ずれた方法とずれた指導では進まなかったものも
正しい方法と正しい指導ならば進むようになります。

内開きのドアはいくら外側に押し開けようとしても開きませんが
内側に引けば簡単に開きます。

「つづいて共鳴にはいったのですが、
「どうですか?」と聞かれても言葉がでてこないというのが正直な感想でした。

静かで戻るべき場所で安心してくつろいでいる感覚で、
言葉ではそれをうまく表現できないなというのが感想でした。」

初回からしっかり共鳴が起きて、静寂を体験できたようでよかったです^^

「アイコンタクトも、ああなんだか安心するなという気持ちでした。
さっきよりも雑念が浮かんでこなくて、浮かんできてもどうでもいい感じなので
追いかける必要がないので、より一層のリラックスを経験していました。」

思考にとらわらず巻き込まれず
静かに思考を見守っている状態を観照状態といいます。
共鳴によって観照状態になっているのがよくわかります。

「次の瞑想では、ハートに意識をおいてみようと思いそうしたところ、
ずっと閉じていたハートに少し躍動感のようなあたたかさがもどってきたのを感じました。
ここ1,2ヶ月は本当に心が乾いた感じで、疲れたなと感じていたのでとてもうれしかったです。」

ハートは至福のエネルギーが溢れ出す中心点です。
生きる力が溢れ出してくる中心点です。

「最後のハートの瞑想ですが、これもハートに意識を置き続けていました。
するとさっきよりも重厚感がハートにあり、より一層のハートの開きを感じました。

本当はもう少し共鳴をしたかったのですが(笑)
そのくらい共鳴セッションはよかったです。」

多くの人が
「セッション時間が足りない。もっと続けたい。ずっとこのままでいたい!」
とおっしゃっています^^

「大空さんにはたくさん時間をとっていただき、
知識と体験を経験させてくださって大変感謝しております。

次回のセッションもよろしくお願いいたします。」

知識と体験でマインドからハートへのシフトを促していくのが共鳴セッションです。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/07/22 12:07】 | MA.Nさん
トラックバック(0) |