本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
大空です^^
Y.Iさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

4回目のセッションありがとうございました。

グラウンディング
体が温かくなり、思考が静まっている」

グラウンディングの段階で静寂が現れてきていますね。

「共鳴
思考が出てきているのに気づいている

アイコンタクト
共鳴の時と変わらない、観照状態」

思考が出てきているのに気づいていること
思考が出てこないことに気づいていること

気づいていることが大切です。

思考に巻き込まれているときは気づきがない、弱い状態です。

「瞑想
思考がたくさん出てくる
感覚的な違和感も大きく感じる

ハートの共鳴
瞑想の時の違和感を引き続き感じる
より引き出されている感覚」

エネルギーワークによって浄化も起こってきています。

多くの浄化を通過することによって、エネルギーの流れがよくなり
ハートが開き、静寂・至福が開かれていきます。

「いろいろとアドバイスいただきありがとうございました。
お話ししながら気づいたこともたくさんありました。

大きな変容の時のような感覚もありますが
日常通してまた変化を感じていきたいと思います。

ありがとうございました。

Y.I」

いまこの時期、心身の大きな変容を体験している人たちがたくさんいます。

苦しくなったり楽になったりを繰り返しながら
心身の変容が進んでいき、古い自分から新しい自分に生まれ変わっていきます。

セッションを再開したくなりましたらご連絡してください^^

大空

【2013/10/04 14:25】 | Y.Iさん
トラックバック(0) |
大空です^^
Y.Iさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま
3回目のセッションありがとうございました。

グラウンディング
体が温かくなった」

体の温かさにしっかりひたってみてください^^

「共鳴
疑問、質問が出てくるのに気づいている」

疑問、質問は浮かんでは消えていきますが
それらに気づいている意識はずっと静寂として在ります。

「アイコンタクト
チャクラの動きを感じている

瞑想
疑問等の思考が出てきている

ハートの共鳴
ハートの位置を確認
そのエネルギーの動きを感じている」

ハートにしっかり安住してみてください。
ハートにしっかり安住することで
ハートを中心の至福のエネルギーの循環が発生し
その循環が心身を整えていきます。

「セッション中は疑問や質問等の思考がたくさん出てきます。
答えを出したがるエゴの動き、正しさを主張するエゴの存在に気づきました。

いつも初心で、今この瞬間にいて過ごそうと思います。

次回のセッションもどうぞよろしくお願いいたします(^^)

Y.I」

はい、今この瞬間に在ることが苦しみから解放される基本であり、奥義です。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

(追伸)

「セッション中は疑問や質問等の思考がたくさん出てきます。
答えを出したがるエゴの動き、正しさを主張するエゴの存在に気づきました。」

このことに関して、ラマナ・マハルシの言葉を紹介します。

-------------------------------------------------------

(質問者)
わたしが探究において進歩しているのかどうかを
どうすれば知ることができるでしょうか?

(ラマナ・マハルシ)
真我の実現に向けての進歩は
想念の不在の度合いによって知られる。

しかし、真我の実現自体には進歩は見られない。
それは常に変わらない。
真我は常に実現されているからである。

障害は想念だけであり、進歩の度合いは、
真我が常に実現されているという理解への障害を
どの程度取り除いたかに知られるのである。

それゆえ、想念は誰に起こっているのかと
探ることによって調べられなければならない。
源を探るところに想念は起こらない。

(質問者)
疑問は常に起こってきます。それゆえの質問です

(ラマナ・マハルシ)
疑問が起こり、それは解決される。
別の疑問が湧き、それも解決され
そしてまた新たな疑問が続いていく。

すべての疑問を解くことは不可能である。
誰にその質問が起こるのか見てみなさい。
その源へ行き、その中にとどまりなさい。
そうすれば疑問は起こらない。
これが疑問を解消する方法である。

~ 「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」より ~

【2013/09/27 13:39】 | Y.Iさん
トラックバック(0) |
大空です^^
Y.Iさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま
2回目のセッションありがとうございました。

グラウンディング
体が少し温かくなった感じ」

グラウンディングは一人でもできるので
練習してみてください^^

「共鳴
以前からあった胸のあたりのつまりを感じる
それを思考が解説している状態
等の気づき」

ハートは至福のエネルギーが溢れ出して来る場所ですが
執着のエネルギーがたまる場所でもあります。

共鳴セッションや普段からハートに安住することで
ハートのエネルギーのつまりが徐々に抜けていきます。

「アイコンタクト
共鳴と同じ
思考が出てきているのに気づいている感じ」

浮かんでは消える思考に気づくこと
浮かんでは消える思考に気づいている意識の存在に気づくことが大切です。

前者はただ浮かんでは消えていくだけであり
後者はただ静寂として存在しているだけです。

前者は自我
後者は真我です。

「瞑想
胸にあるつまりが刺激されている感覚

ハートの共鳴
ハートのエネルギーの流れを感じる」

共鳴によってハートを中心に力強いエネルギーの流れが発生し
胸のつまりの浄化が起こっています。

つまりが抜けるほど、胸が楽になってきます。

「前回からそうでしたが
以前から気になっている詰まりの感覚をより意識するようになった気がします。
流れに任せて体験していこうと思います。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

Y.I」

共鳴セッションを受けるようになると
気に対する感受性が開かれていきます。

そして気の流れが心と身体に大きな影響を及ぼしていることを
実感として理解できるようになってきます。

共鳴セッションは気功の練習ということもできます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/09/20 12:18】 | Y.Iさん
トラックバック(0) |
大空です^^
Y.Iさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

はじめてのセッションありがとうございました。

《グラウンディング》
全体が安定している」

初回からグラウンディングがうまくいったようですね。

「《共鳴》
頭と胸に圧力を感じ、現れてくる思考や感情を観ている感覚
意識が大きくなっている感覚」

しっかり共鳴が起こって、エネルギーによる圧力を感じ
意識の拡大が起こっています。

思考・感情に巻き込まれず
思考・感情を静かに観ている状態を観照状態といいます。

共鳴中は観照状態になりやすくなります。

「《アイコンタクト》
ここにいるけど体はここにない感覚」

エネルギーが肉体から撤退すると
肉体感覚が薄れ、エネルギー体である自分の存在感覚が増します。

「《瞑想》
今まで気づかなかった強い感情、思考を感じ、そちらへの強い引力を感じる
(エゴが消えたくないという強い思考)」

思考・感情に対するとらわらに気づいている状態です。
「エゴが消えたくないという強い思考」に巻き込まれず
静かに見守ってみてください。

「《ハート共鳴》
胸の中心に圧力と振動を感じる」

ハートの活性化が進んでいます。

「全体的を通して、まだ残っている強い自我の抵抗に気づくことができました。
思考があまり働かず感覚的な状態を言葉で表すことが難しかったです。
今後続けていくと変化がありそうな手応えがありましたので
アドバイスいただいたことを参考に来週まで過ごしたいと思います。
ありがとうございました!

Y.I 」

すでに静寂の意識には気づいているということですので
これからさらに思考・感情に対するとらわれを手放していき
静寂を深め続け広げ続けていく道に入ることになります。

禅の世界では悟前の修行より悟後の修行の方を重要視しています。

「静寂の意識に気づいた」というのはスタート地点です。

静寂が限りなく深まり広がっていく道の扉が開いたばかりです。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/09/13 09:38】 | Y.Iさん
トラックバック(0) |