本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
大空です^^
真我・空共鳴セッションに興味を持ってくださりありがとうございます。

わたしは長年真我の目覚めを求め続け
精神世界の様々な研究・実践を続けてきました。

プロフィールで紹介させていただいた通り
2011年8月16日夜
ついに真我にハッキリと目覚めることになりました。

それはまるで
体の周りを覆っていた見えないバリヤーのようなものが
ハートから溢れ出る強烈な至福のエネルギーの力で爆発してなくなってしまい
自分がすべてに広がってしまったような感覚です。

自分は肉体というちっぽけな存在ではなく
すべてに広がっている大空・宇宙・全体そのものだという自覚です。

それは広大無辺な静寂です。

そして体の周りを覆っていた見えないバリヤーのようなものが
爆発してなくなってしまったので
遙か彼方の四方八方の空間からハートの一点に至福のエネルギーが集まってきて
ハートの一点から遙か彼方の四方八方の空間に至福のエネルギーが溢れ出ている状態です。

至福のエネルギーの無限の循環です。

真我は古来からインドでは
< サット・チット・アーナンダ >
< 存在  意識  至福    >
といわれています。

真我はマウナ、静寂・沈黙
ともいわれています。

まさに真我に目覚め、目覚めが深まってくると
深い静寂・深い至福の状態になります。

とても平安でとても満たされている状態です。

そしてこの状態が
とても自然な状態であることが理解できるようになります。

思考・感情に振り回され続けていた状態から
本当の自分を取り戻した感覚です。

とても懐かしい感覚です。

自分が広がりきって静まりきった大空としてただ在り
ハートから至福の光が四方八方に溢れ出ている感覚です。

至福の光を発する太陽

わたしは自分自身が体験している真我・空の静寂・至福が
直接会わなくても、ビデオスカイプで対話をしたり、いっしょに瞑想することで
共鳴作用によってしっかり人に伝わることを何十回も実体験し確認することになりました。

そして
真我覚醒・真我実現したい人をサポートするために
真我・空意識共鳴セッションを始めました。

真我覚醒とは静寂・至福である本当の自分に目覚めること
真我実現とは静寂・至福である本当の自分として生きることです。

真我・空の静寂・至福
平安で満たされている状態は
無限に深まり続け無限に広がり続けます。

古来からインドでは
真我の静寂・沈黙を体験している師が弟子に
ただ静かに沈黙して座っているだけで
真我の静寂・沈黙を伝えることが行われてきました。

これは「沈黙の伝授」と呼ばれています。

近代インドの覚者ラマナ・マハルシによる「沈黙の伝授」がたいへん有名です。

禅の世界では師が弟子に自分が体験している静寂を
心から心へ直接伝えることを
< 心を以って心を伝える >
「以心伝心」と呼んでいます。

真我は静寂・沈黙です。

ですから真我をダイレクトにシンプルに正確に伝えるには
静寂・沈黙で伝えるのが最上の方法です。

インドで古来から行われていた「沈黙の伝授」
禅の世界で古来から行われていた「以心伝心」が
インターネットによるビデオスカイプで体験できるようになりました。

物理的にどれだけ距離が離れていようとも
ビデオスカイプを通じて、お互いがお互いを意識し合うことにより
意識共鳴は起こります。

真我・空共鳴セッションは
古来からの真理の叡智と
最新のインターネット技術の融合によって実現された
真我覚醒・真我実現を促すセッションです。

「沈黙は最高の、そして最強の伝授である。
 沈黙による伝授はすべての者のハートを変えてしまう。」

「沈黙の伝授は最も完全なものである。
 それはあらゆる方法で個人を浄化し、彼を実在の中に確立させるだろう。」

「沈黙は最も強い影響力を持っている。
 いかに聖典が広大で力強いものであっても、その効力は無に等しい。」

「何年にも及ぶ会話でも知ることができなかったことさえ
 沈黙の中では一瞬にして知られ得る。」

「恩寵の最高の表れは沈黙である。そしてそれは最高の教えでもある。」

「沈黙は真理の教えである。沈黙とは実に強力なものである。」

「沈黙は真の教えである。それは完全な教えである。」

~沈黙の聖者ラマナ・マハルシの言葉「あるがままにラマナ・マハルシの教え」より~

「シュリー・ラマナは誰の質問にも喜んで言葉を用いた教えを与えたが
彼の『沈黙の教え』がより直接的で、より強力であることをたびたび指摘してきた。
この『沈黙の教え』は、彼の臨在から放たれる霊的な力から成り立っている。
この力が非常に強力であるため、彼はそれを彼の教えの最も直接的で最も本質的な相を成していると見なした。
そのため、心をコントロールするための言葉による指導を与える代わりに
彼は努力なしに自然に放たれる沈黙の力によって周囲にいる者たちすべての心を自動的に静めたのだった。
この力に波長を合わせた人たちは皆、内なる平和と至福の状態を体験したと伝えている。
また、ある熟達した帰依者たちには、真我の直接体験さえもたらしたと言われている。」

~「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」第9章沈黙とサットサン序文より~



ラマナ・マハルシの直弟子プンジャジ(愛称パパジ)のメッセージ




プンジャジの直弟子ガンガジのメッセージ