本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
大空です^^
S.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

22回めのセッションありがとうございました。

今回は全体的に無でありつつも脳の一部が何かをキャッチしていました。
おそらく直感的な。

グラウンディングではニュートラル。
心電図でいうとピーと真横に動かない感じ。
上にも下にも行かない狭いところを行く感じ。」


平らな感じ、フラットな感じですね。


「共鳴では、すぐに安定した大地のようなそれを見つけて
思考の落ち葉は風に飛ばされる感じ。
掴んだものを離さないような努力もいりません。」

とても自然な感じですね。

「アイコンタクトでは、まさに不動。
動かないものと動かないものが共鳴していました。」

トーラスの流れは極めて安定している流れです。

トーラスの流れが力強くなるほど
不動の存在である静寂の意識が現れてきます。


「瞑想では、何も無いところに落ち着いたら
ふと、それは大きいといえば宇宙のように大きく
小さいと言えば梅干しくらいに小さいと感じ
その感じすら幻想だと気づいたらなにもなくなりました。」


古代インドの経典には

「それは最も小さいものより小さく、最も大きいものより大きい」

という表現があります。

「それ」はすべてにあまねく存在しているので

「それは最小のものより小さく、最大のものより大きい」

ということですね。


「ハート瞑想では、すぐにハートに消えたあと
無から万物が渦のように発生して、それがまた無に消えて行く
すべては自然発生的で意味をもたないものなんだなあ、という智慧のようなものが来て、
立場なしでは何もしないのが一番ベストで宇宙の動きに沿ってるなあ、とか

立場なしでは意識がぐんぐんひろがると
目に映るものがどんどん立体感を増して行くなあ
すべてへ自然発生的に起こっているんだなあ、と感じました。

そして真我である自分は巻き込まれずに体験して
知るべき事を知っていくんだなあ、と知りました。

今回もすばらしいセッションをありがとうございました。」


内側でとても深遠な気づきが深まっていますね。

共鳴セッションは
古代からの叡智と最新のインターネット技術の融合によるセッションです。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空


【2014/08/03 20:31】 | S.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
S.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

21回めのセッションありがとうございました。

今回は全体的に体の細胞は熱を帯びていて
今も熱いのですが内側はしっかり鎮まっていました。」


心身の浄化が力強く起こっていますね。


「グラウンディングですでに充分鎮まった感じ。不動のそれがありました。」

まさに

「動かざること山の如し」

ですね。

「共鳴では無があるばかりでした。

アイコンタクトは最初に目を合わせる事を意図しただけで
あとは自動的にすべてが起こっている感じ。何もしていない。」


無為自然です。


「瞑想でも最初に内側の真っ暗な中に落ちると
そこにとどまってすべてがとまっていました。
何もしていないのでいつまででも続けられる感じ。楽な感じ。」


無為自然の感覚がさらに深くなっていますね。


「ハート瞑想でも最初にハートに意識をむけると
ハートが消えて体を包み込むそれがあって、あとはなにもしていない感じ。

立場を変えても、立場なしでもそれにとどまったまま。

共鳴しようと言う意図も忘れるほどでした。

言語化はおろか何かを感じる事さえしていない感がありました。

今回もすばらしいセッションをありがとうございました。」


今回のセッションでは

無為自然、千賀一生さんの「タオ・コード」の話で

老子に関する話がよく出てきました。


老子の教え・実践はまさに大宇宙・大自然との一体感を感じて

大周天の流れを発生させ大きくしていくことです。

大周天の流れが力強く発生しているとき

無為自然という感覚になっていきます。


真実はひとつ

すべてはひとつです。


次回のセッションもよろしくお願いします^^


大空

【2014/07/26 18:58】 | S.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
S.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

20回目のセッションありがとうございました。

20といえばマヤ暦ではとても深い意味のある数字で
マヤ暦の260日周期は宇宙の数字を示す13×人間を示す数字20なんです。
今日はマヤ暦の大晦日なのでここでもシンクロしていますね。」


はい、マヤ暦でのシンクロが続きましたね。

Yさんがマヤ暦を知り強く意識することになったのも
宇宙の流れですね。


「今回はエネルギー強かったです。沈黙の後の大空さんの声に毎回びくっとしていまし
た。」

はい、確かにエネルギーが強かったですね。

「グラウンディングですでに静まって、自分自身が、静かに燃える炎であると感じました
。」

仏像・仏画には普通後光がありますが

不動明王をはじめとする五大明王には火炎光背があります。

苦しみを焼き尽くす炎です。


「共鳴では広がった意識のなかで「何も信じなくてよい」という言葉が来て
繰り返すその言葉とともにただよっていたら、
その言葉すら信じなくていいと気づき、すると言葉は消えて漂う意識だけがあって
漂っているのは誰?ときいたらそれも消えて、何もなくなって一瞬気が遠くなりました。」


近代インドの覚者クリシュナムルティは

「わたしは何も信じない」

という言葉を残しています。

「わたしは永遠の静寂の意識。

 わたしはわたしにやってくる想念は何も信じない。とらわれていない」

という視点・感覚です。


「アイコンタクトでは強い共鳴のエネルギーを感じました。
動きの無い圧倒的な存在のエネルギーで、日常で私の気をひくあらゆるものが押しのけられるような強さでした。」

アイコンタクトのあたりから
Yさんから放射されている強いエネルギーを感じるようになりました。

とても力強い共鳴が起こりました。

「瞑想では細胞がうごめく感覚のなかで中心だけが静かで、その暗くて静かな井戸のよ
うなところを、どこまでも落ちて行きました。
どこまで深く行くんだろうと思ったらふっとどこにもいっていませんでした、みたいな感じになって終わりました。」


エネルギーはダイナミックに動きますが

エネルギーを体験している意識は

今ここにずっと在ります。


「ハート瞑想ではハートに意識をむけると、体を包む存在を感じそれは果てしなくて、
大きさがはかれない、空間の概念では説明できない、まさに時空をこえたものであると感じました。立場をかえても深まって、あるという感覚だけが強まり、
立場なしでもさらに無くて目を開けて気を失っているようでした。少しひいてみるとあ
あ、全一性とはこれのことか、と感じられますが、また「それ」になってしまうとそれすら感じません。
 
今回もすばらしいセッションをありがとうございました。」


今回はとても力強い共鳴が起こり、Yさんがとても深い空の体験をしたのがよく伝わってきます。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、クリシュナムルティたちが体験し
伝えようとしていた意識状態にどんどん開かれています。

真我・空の静寂・至福は無限に深まり続け広がり続けます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空


【2014/07/19 11:32】 | S.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
S.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

セッションでニコラ・テスラを紹介してくれましたが
昨日7月10日は彼の誕生日だったのですね!知ってました?」

おお、そうでしたか!

楽しいシンクロですね^^

「19回目のセッションありがとうございました。
今回は大きな「在る」と複数の気づきがありました。

グラウンディングでは目を閉じて大地ともの一体感を感じると
「何も恐れなくてよい」と繰り返し感じました。」


大地との一体感は安心感ですね。


「共鳴では、なんて宇宙なんだ、と広がったり
翻って個の自分を見るとなんて点なんだと感じ、それをくりかえしていると
やがて意識が体を取り巻くものとして部屋にあると感じました。

そしてそれを言語化するとうっすら喜びが広がりました。
「在る」が大きくて部屋のあらゆるものは目に入っているけど見えてない感じ。」

共鳴でトーラスのエネルギーフィールドが大きく広がっているのが伝わってきます。


「アイコンタクトでは自分が風となって静かに吹き抜けて行く感じがしました。
何もさえぎるものがない。
一瞬大空さんが宇宙人に見えました。」

「アナと雪の女王」では

「ありのままで 空へ風に乗って

 ありのままで 飛び出してみるの」

と歌われています。

気の流れをチベットでは風(ふう)と呼んでいます。

※チベットの言葉ではルンです。

Yさんの感想は

「ありのままで 空(くう)へ風(ふう)に乗って

 ありのままで 飛び出してみるの」

ということになります^^


「瞑想では大きな「それ」に、まるで書かれたように「必要なものなど何も無い」とあって、それは境目の無い風船のようにどんどん大きくなっていって、普段必要だと思っているものがそこに小さくくっついている感じ。

「それ」はどんどん大きくなっていくので
だんだん必要だと思っているものが見えなくなって行く感じがしました。」

共鳴が深まり、トーラスのエネルギーフィールドがどんどん大きく広がっています。

そして想念の存在感がどんどん小さくなっています。


「ハート瞑想ではハートに意識が向くと、逆にハートを感じなくなりました。
そして無。あー、なにもしていないんだなー、無いんだなと。

立場を変えてもその続きで、他が動くものがなにもない、消えて行く感じ。

部屋の中や体や思考といった動いているものは、それはそれぞれの時間で動いているけ
ど、自分自身は時間が止まって動いていない。なにもせずにただ在る感じ。

立場なしもさらにそれが続いて深まっていく感じ。

今回もすばらしいセッションをありがとうございました。」


無・空・静寂の状態がどんどん深まっているのがよく伝わってきます。

非常に順調に進んでいます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^


大空

【2014/07/12 20:09】 | S.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
S.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

18回目のセッションありがとうございました。

今回はセッションで

相手を目の前にしても相手なんていないんだ

という深くて軽い気づきが印象的でした。」


永遠の静寂の意識が変わらぬ実在で

その中に浮かんでは消える現象は幻影ですね。


「グラウンディングでは目を閉じると世界が消えたようでした。
目の前のパソコンも扇風機もない。あるけどない。風を感じていても無い。

共鳴では無の感じ。」

深い共鳴が起こり、無の意識状態になっています。

「アイコンタクトは目の前の大空さんも背景も現れである感じ。

瞑想では目を閉じた瞬間に全一性を感じ、体も意識もそれの現れであるかんじ。」

全一性、すべてはひとつという真実です。

「ハート瞑想では一瞬、ハートに意識がいって
すぐに意識が体から飛び出してからだを包んでそれが全体であり
ハートであり存在で在る感じ。

「あなたはあなたが考えているようなものではない」

というマハラジの言葉が頭をよぎりました。」

わたしたちはわたしたちが考えているより

はるかに広大で神秘的な存在です。

すべての現象を生み出している場そのものです。


「立場を変えても同じ。立場なしでもおなじ感じでした。
自分もいなくなって、相手などいないのです。
目の前に人がいることはいるのですが、すべてが現れであるとわかって
何万人いても同じだなあと感じました。

今回もすばらしいセッションをありがとうございました。」


Yさんは本でも覚者たちの言葉を熱心に学んでいるので
共鳴による体験と言葉による理解がとてもすばらしい相乗効果をもたらしています。

心身の浄化・リラックスもどんどん進んでいて
共鳴もどんどん深く広くなっています。

次回のセッションもよろしくお願いします^^


大空

【2014/07/05 20:44】 | S.Yさん
トラックバック(0) |