本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
大空です^^
H.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

H.Yです。

先日はセッションありがとうございました。

以前と比べ今回は、あまり至福感をかんじませんでした。
しかし、セッションを受けた後はしばらく静寂を感じられます。
今回は日常で怒りがでてきたときに、静寂にいこうと思ってもいけないときがありました。

怒りを否定し、早く消したいという欲によって
静寂に向かおうとしてしまっている自分に気付きました。」

はい、このように自分で気づくことが大切ですね。

このような気づきを地道に重ねていって
気づきを深めていくことです。

「静寂がでかくなってしまえば
そのようなことを考える必要さえもなくなるのかもしれませんが
まだまだちっぽけな静寂です。
日々の訓練で大きな静寂に戻っていきたいと思います。」

はい、現れ始めた静寂の領域を日々の気づきの実践で
深め広げていくことが重要です。

「それと、好転反応のためか、次の日にひどい風邪をひいてしまい、今もしんどい状態です。強力に浄化されているのだと思います。」

よく
「セッションを受ける直前まで体調が悪かったのですが
 セッションが進むにつれ、体調がよくなっていきました」

という感想と

「セッションを受けた翌日から体調が悪くなってしまいました。
 浄化だと思います」

という感想をいただきます。

今回は後者の例を体験したということですね。

「4回のセッション、どうもありがとうございました。
今回が最後と思うとさびしい感じです。
最初の頃に比べると、胸の痛みはほとんどなくなりました。
どんどんつまりがとれているのだと思います。

今まで色々なセッションを受けましたが
静寂を日常で感じられるようになったのは初めてです。」

仏陀釈迦牟尼もニルヴァーナ・涅槃寂静、静寂に至ることを説きました。

自分の内側にある静寂に気づき、静寂を深め広げ
自分自身が静寂そのものであることに気づくことが仏教の真髄ですね。

「セッションの日は非常に楽しみで、まさにワクワクでした。
さまざまな質問にも答えてくださり、知識の面からも覚醒のサポートをしてくださって
ありがとうございます。
また機会がありましたら、セッションを受けさせていただこうと思います。
ありがとうございました。

H.Y 」

はい、ラマナ・マハルシの真我探究の教え・実践と映画「スライヴ」のトーラスを理解することはハートを開き、内側に静寂・至福を開いていくのにとても役に立ちます。

セッションを再開したくなりましたらご連絡ください^^

大空

【2013/11/22 20:03】 | H.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
H.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さん、こんにちは。
H.Yです。
昨日も、遅くまでお付き合いくださりありがとうございました。

前回のような強力な至福感がなかったのですが
エネルギーの流れをハートに強く感じることができました。」

前回強力な至福感を感じたのは
エネルギーの通り道がせまい状態で
エネルギーが共鳴で力強く流れ
エネルギーの圧力がとても高くなったからでしょうね。

「また、胸の痛みは前回より少なくなったように思います。
エネルギーが徐々に通り始めているような感じです。
今朝の目覚めもすっきりでした。
胸のつっかえが少しとれて動き出してきたように思います。」

心身の浄化・リラックスが進んでいるのがよく伝わってきます。
エネルギーの流れのつまりが徐々に取れていっています。

「今後もどのようにハートが動き出していくのか楽しみです。
また次回もよろしくお願いします。m(_)m

H.Y 」

はい、次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/11/05 15:25】 | H.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
H.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「Yです。

大空さん、昨日は遅刻してしまい、大変申し訳ございませんでした。
そして、遅い時間までセッションをしていただき、ありがとうございました。
非常に有意義な時間でした。」

はい、誰にも失敗はありますね^^

わたしはセッションを忘れないように
セッション開始時間10分前に目覚まし時計を鳴らすようにしています。

「正直、普段やっているフルフィルメント瞑想のような感じなのかなという思いだったのですが、
最初の覚醒体験のお話を聞いている最中から至福を感じていました。
覚醒により自分がなくなってしまうようで怖いという体験のお話を聞いているとき、僕自身も至福が大きくなりすぎて、
「やばい、死ぬかもしれない」
と一瞬思い、怖くなりました。非常にエネルギーの同調が強かったのだと思います。
ほかにも、自然とニヤニヤしてきたりもしました。」

セッション初回でしたが、とても力強い共鳴が起こり
ハートから至福のエネルギーがとても力強く溢れ出しましたね。

「セッションでは、さらに深く強い至福感がありました。
胸からすごいエネルギーがでていました。
浄化のためか、のどが詰まったような感じがしたり、悲しみがでてきたり、胸が痛くなったりもしました。
普段やっている慈悲の瞑想とは比べものにならないくらいすごい慈悲でした。
セッションが終わった後の胸の痛みは異常でした。
これほどまでに痛かったことはありません。すさまじい浄化力です。」

映画「スライヴ」を観ると、このすさまじいエネルギーの流れが
「渦の力」であることがハッキリと理解できると思います。

「フルフィルメント瞑想の伝授を受けた後も、至福をしばらく感じていたのですが、
今回のセッションではそれ以上の至福でした。
まさに、次は「これだ」と思いました。
最近では、フルフィルメント瞑想での行き詰まり感があって
ヴィパッサナー瞑想もなぜかしっくりとくることがなく、
ミャンマーでヴィパッサナー瞑想のコースにしばらく行こうかなと思っていたところでした。
しかし、その道にいかなくても、このセッションをやり続けていけば
いずれ覚醒できるのかもしれないと思うようになりました。」

正しい瞑想法を知っていても
自分ひとりだけで瞑想を進めていくのはとてもたいへんです。

いい先生やいい仲間といっしょに進めていくと
スムーズに進んでいきます。

「ただ、一日たった今日は、だるく、うつ状態なのですが、浄化の反応なのだと思います。
自分は誰なのか?という問いを暇な時に繰り返していきたいと思います。
スライブも教えていただいてありがとうございます。さっそく見てみます。
次の道が見えたようで非常にうれしいです。
本当にどうもありがとうございまいました。」

わたしはラマナ・マハルシの

「『私は誰か?』と自分に問い続けることで真我実現しなさい」

という真我探究の実践を徹底的に行うことで
ハートが一気に大きく開き、覚醒することになりました。

ラマナ・マハルシの真我探究の方法については
この記事をご覧ください。

~「私は誰か?」 ~ ラマナ・マハルシの教えの精髄が説かれている対話集 ~
http://ooinarukuu.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

特に重要なのはこの対話集の10と11なので
ブログの2ページ目に常時表示させています。

「どうすれば心は静かになるのでしょうか?」
http://ooinarukuu.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/10/30 15:50】 | H.Yさん
トラックバック(0) |