本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
学ぶ、ということはとても重要なことです。

学ぶと言っても、それは単に試験に受かるためのものではありません。
「生」そのものから学ぶことが重要なのです。
そしてそれは、あなた自身が自分で学ばなければならないものです。
学校では教えられないものが人生にはたくさんあります。
その発見や理解は誰かに教わるものではなく、
あなた自身から起こらなければなりま せん。

本当に学ぶということは、一生を通して学ぶことであり、
特に教師や指導者というものは必要ないのです。

生それ自体が、あなたにたくさんのことを教えてくれるのです。
枯れ葉、空を飛ぶ鳥、大地に咲く花の香り、
町に溢れる豊かな者と貧しい者、お金の醜さや田舎の静けさ、
泣いている人、女性の微笑み、男の傲慢さ。

あなたは生のあらゆるものに学びます。
生それ自体が師であり、教師です。
生のすべてがあなたに教えてくれるのです。
生が学びであり、学びは生の全体の中にあるということ。
このことを悟るならば、あなたは絶えず学びつつある境地にあります。

学びに終わりはないということ、それが人生です。

~ クリシュナムルティ ~

FC2blog テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

【2013/06/30 20:24】 | クリシュナムルティ
トラックバック(0) |
「今この瞬間」の静寂の中には

過去も未来も存在しません。

思考、意見、概念、信念も存在しません。

批判も存在しません。

善悪も存在しません。

有罪、救済も存在しません。

絶望、希望も存在しません。

非難、罪悪感も存在しません。

期待、憤慨も存在しません。

恐怖、欲望も存在しません。

分離も存在しません。

区切り、境界線も存在しません。

ただ「今」という瞬間があるだけです。

「今この瞬間」の静寂の中には
国籍や民族は存在しません。

宗教も存在しません。

所有権、所有物、支配権も存在しません。

結果も存在しません。

ただ「今」という瞬間があるだけです。

~ レナード・ジェイコブソン 「今この瞬間」への旅 より ~

【2013/06/30 20:15】 | 覚者たちからのメッセージ
トラックバック(0) |
大空です^^
T.Yさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

セッションをありがとうございました。
大きな広がりの中
安定感と深い心のくつろぎを感じました。」

セッションを重なるたびに共鳴も瞑想もとてもよくなっていますね^^

「セッションの感想をお伝えします。

<グランディング>
・自分は広がっている大地とどっしりした大きな地球でした。
・中心にしっかり固定されたグランディングコードから上がってきた
 真っ赤なエネルギーに満たされて、
 安心感、安定感が増しました。」

大地との一体感を深めていくと
安心感、安定感が深まっていきます。

「<共鳴>
・ぽわ~っとして、
 そのうち静寂に満ちていきました。

<アイコンタクト>
 ・満ちていた静寂は どんどん、どんどん 広がり
  どこまでも、広がっていきました。」

速やかに力強く、広大な静寂に導かれています。

「<瞑想>
 ・眠っているのではないかと思いました。
 ・深いくつろぎを感じました。」

ラマナ・マハルシは
「人間の本性である幸福、想念のない深い眠りの中で体験される幸福を手に入れるために
 人は自分自身を知らねばならない」
と語っています。

深い瞑想とは、意識がハッキリしている状態で深い眠りのような状態になることです。

「<ハート共鳴>
 ・ハートの存在をしっかり感じました。
 ・懐かしく、信頼できる安心感に居ました。

体があたたかく、ほぐれています。
そして深い安心感をとくつろぎのなかにいます。
今回も本当にありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。」

ハートに安住する感覚もどんどん深まっています。
それは深い安心感とくつろぎです。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/30 16:16】 | T.Yさん
トラックバック(0) |
大空です^^
Y.Tさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空様

昨日はセッションありがとうございました。

<<グラウンディング>>
ゆったりと落ち着きました。

<<共鳴>>
いつもの出ては戻ってくる円型の波動を感じました。
顔が気持ちよくしびれているような感覚でした。」

いつも通りトーラスの循環を感じていますね∞

「<<アイコンタクト>>
波動がゆっくり静かになりました。
思考は鈍くなって、「満たされている」感じがしました。

<<瞑想>>
首から上の存在感がなくなる感じでした。
意識はあるのですが、思考が止まって「私」とか考えるのもおっくうな感じ。
体の感覚も観察するのもおっくうな感じで、ただただ「満たされている」まったり感に浸っていました。

<<ハート共鳴>>
大空さんに指摘されたように、いままでで一番うっとりしていました。」

はい、全身から至福のエネルギーを発して満たされている様子がよく伝わってきました^^
どんどん至福体質へのシフトが進んでいます。

「大空さんにお話したように3日前に店でハプニングがあり、2日前はずっともんもんとしていました。
ただ、半年前までの私でしたら、もっと動揺して食事ものどを通らない・眠れない状態になっていたと思うのですが
今回は昨日大空さんにお話した時にはほぼ「もう実在してないもの」になっていたので
セッションの成果ではないかと思っています。
また大空さんに「あのハプニングでよりよい方向へ変わった」と言っていただいて
「またおこる」ことに怯えてはいけないと思いつつ、かすかに怯える自分がいたのですが
「そうだ!そう考えればいいんだ!」と安心しました。」

思考・感情にとらわれば、思考・感情の存在感が増していきます。

思考・感情を手放していくと、思考・感情の存在感が薄れていき
静寂である自分自身の存在感が現れてきます。

「昨日のセッションの後から今日の午後まで、
とても眠く、だるい感じだったのですが
これも浄化のひとつでしょうか。
今は元気になって、気持ちも穏やかです。

また今日の午後には
隣のお店の方が来られて、(先日のハプニングの声を聞いていたらしく)
「何かあったらいつでも呼んで」と言ってくださって
私のまわりに優しい世界が広がっていることに気づき、感謝と幸福感でいっぱいになりました。
こういう優しい共鳴が広がっていくことが私の理想であり
そういう世界を築きたいんだなぁと認識しました。

なんだか支離滅裂な文章になってしまいました。
次のセッションもよろしくお願いいたします。
どうもありがとうございました。

Y.T 」

いろいろな浄化を経ることで
心も体もスッキリして軽くなり安定していきます。

共鳴セッションをきっかけにして
ご自分の周りに優しい共鳴を広げてみてください。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/30 13:44】 | Y.Tさん
トラックバック(0) |
大空です^^
MI.N さんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「6月18日の感想です。
1月位空いたので、正直、感覚があれ・・・今までと私の感覚が違うかな~~と思いました。
瞑想もしていなかったせいかもです。
怠惰なのですねえ。エゴが元気なのか。」

ご自分のペースで歩くだけですね^^

「グランディング
地球としっかりつながってる感じはありました。一つになってる感じです。」

地球との一体感は安心感につながります。
地球との一体感を感じることで地球とのエネルギーの交流もよくなります。

「共鳴
頭がジ~~ンとするかんじでした。

アイコンタクト
いつもの事ですが、大空さんが、陽炎のようにゆらいで見えました。」

しっかりエネルギーワークがなされていますね。

「瞑想
今までより、思考が少ないかなと思いました。

ハートの共鳴
いつもですが、ハートのあたりが暖かくなります。」

思考が少なくなった分 現れる静寂に親しんでみてください。
静寂に親しめば親しむほど、内側の静寂が深まり広がっていきます。

「いつも同じ感想ですみません。

これからもよろしくお願いいたします。

MI.N 」

人生が人それぞれ違うように
目覚めのプロセスも人それぞれ違います。
ご自分のペースで歩くだけですね。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/29 13:31】 | MI.Nさん
トラックバック(0) |
瞑想に励むようになると
光が強くなり
いいことも悪いこともダイナミックに起こってくる場合があります。

いいことにとらわれると

悪いことにとらわらると

心が振り回され続けることになります。


いいことが起こっても

悪いことが起こっても

ただ静かに在ることですね^^

【2013/06/29 01:02】 | 大空からのメッセージ
トラックバック(0) |
大空です^^
T.Uさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さん、セッションありがとうございます(^∇^)

グラウディング
富士山になった感覚になりました~!大地との一体感が、凄く感じられました。」

グラウンディングの感覚がとてもよくなっています。
先日富士山世界遺産登録が決定しましたね^^

「共鳴
頭が、あるんだけど、無い感覚。表現が難しい(笑)」

はい、その通りですね(笑)

「アイコンタクト
リラックスして静寂がありました。

瞑想
静かな海の中でも、ユラユラ漂っている感覚でした。」

深い静寂は「深海にいるよう」「湖の底にいるよう」とよく表現されます。

「ハート共鳴
嫌な感情が、どばーっと出て、一気に去っていき、静寂でした。

今日もセッションありがとうございました。」

ハートは至福のエネルギーが発生する場所でもあり
様々な感情のエネルギーがたまる場所でもあります。

ハートが活性化して、一気に感情の浄化が起こり
静寂になったようです。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/28 14:41】 | T.Uさん
トラックバック(0) |
大空です^^
K.Iさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

お世話になっております。
K.Iです。

昨日の感想文をお送りいたします。
よろしくお願いいたします。

【第10回 2013年 6月25日 感想】
【グランディング】
直前の腹式呼吸の練習なのか、お腹に感じました。」

横隔膜をしっかり上下させる腹式呼吸は
深い呼吸と横隔膜の上下運動による内臓マッサージで
心身をリラックスさせる効果があります。

「【共鳴】
広がっていく感じのみでした。」

いいですね^^

「【アイコンタクト】
終わるころに静寂を感じました。

【瞑想】
なかなかうまく静寂が感じられませんでした。

【ハート共鳴】
静寂とノイズの世界を行ったり来たりという感じでした。」

静寂を感じられたら静寂にどんどん親しんでいく
雑念にはとらわれず巻き込まれずスルーさせる

という感覚ですね。

「セッション中、以前のようにいろいろ感じることは無くなり、
とてもシンプルになっています。
むしろあまり感じなくなっているように思います。」

心身の浄化・リラックスが進むと、エネルギーがスムーズに流れるようになるので
シンプルになっていきます。

「先週から、ときどき静寂を体感できるようになってきているのですが、
もっとはっきり感じようとすると、
手から抜けるような感じでわからなくなり、
いろいろ試してコツをつかもうとしているところです。」

いろいろ試してみて、実体験を通じて体得してみてください。

「不思議なことに、生活面は非常にストレスが減り、こんなに楽でいいのだろうか
と思っています。」

はい、どんどん楽になってもいいんです^^
内側の静寂・平和をどんどん深めて広げてみてください。

「姿勢について教えていただきましたので、早速ウオーキングでと思いましたら、
外はすごい雨で、明日に持ち越しになりました。
肩を引く姿勢は気持ちいいので、今も続けています。
次回のセッションで姿勢について結果をご報告いたします。

次回もまたよろしくお願いいたします。
K.I 」

正しい姿勢を体得することで
さらに心身の浄化・リラックスが促されていきます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/27 18:11】 | K.Iさん
トラックバック(0) |
大空です^^
K.Sさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「感想

セッションありがとうございました(^○^)

普段の瞑想とは違うので、あれ?と何度もおもいました。

内側が普段より静かでした。」

共鳴作用によって、ひとりで瞑想するより静寂・至福を感じやすい状態になります。

「あと、普段意識の奥底にある、挨拶しないと嫌われる、とか
全部一人でやっていてなんなの、空に預けて泣きたい、など
知らなかった自分に気づけました。

あと、すぐに内側を画像化してみようとする癖に気づき、ちょっと面白かったです。

また来週楽しみにしてます。
よろしくお願いします。

ありがとうございます。」

心が静まると、それまで気づけなかったことに気づけるようになります。

小さな気づきの積み重ねが大きな気づき、大きな目覚めにつながっていきます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/26 16:09】 | K.Sさん
トラックバック(0) |
大空です^^
K.Tさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さん

こんばんは。セッションの感想です。

(グラウンディング)
・大地との一体感を感じました。」

大地との一体感は安心感ですね。

「(共鳴)
・ひたすら静かでした。」

静けさが伝わってきます。

「(アイコンタクト)
・やすらぎを感じました。

(瞑想)
・温泉につかっているような心地よさを感じました。」

心身がやすらいで、ハートから溢れる至福のエネルギーで
温泉につかっているような心地よい状態になっています。

「(ハートの共鳴)
いつものようにハートを押されるような感覚がありました。」

ハートにエネルギーワークがなされていますね。

「セッション後に教えていただいた、立ち方、歩き方はとても役立っています。
大空さんが「ガンガン歩きたくなる」と言っていた感覚がとても分かります^^

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

K.T 」

はい、正しい姿勢を習慣にして全身をゆるめていくと、気と血液の流れがよくなり
心身の浄化・リラックスがさらに進んでいきます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/26 16:00】 | K.Tさん
トラックバック(0) |
心地よく瞑想しているうちに、エネルギーが体全体をすっぽり覆ってしまい、そのなかで浮かんでいました。目を開けたくないほど気持ちよかったです。温泉のような感じ

大空です^^
Y.Nさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空様、

遅くなって申し訳ありません。先日はセッションをありがとうございました。
感想を書かせていただきます。

◆グラウンディング
難しさを感じることなく、どっしりと落ち着くことができました。
エネルギーが下の方へ下がっていくのを感じました。」

はい、グラウンディングでどっしり落ち着いてください^^

「◆共鳴
何もない空間の方へ意識を向けるようにしました。
空間の中に、聞こえて来る音が通り過ぎていくのを感じました。」

はい、静寂の意識空間に浮かんでは消える現象はつかまずスルーさせてください。

「◆アイコンタクト
今回は特別何も起こらず、静かにアイコンタクトをしました。

◆瞑想
アイコンタクトの間にエネルギーが上昇したのか、目を閉じると
白い光が第3の目の辺りに広がりました。その後、光とエネルギーに包まれて
心地よく瞑想しているうちに、エネルギーが体全体をすっぽり覆ってしまい、そのなかで
浮かんでいました。
目を開けたくないほど気持ちよかったです。温泉のような感じ・・・が少しわかりました。

◆ハート共鳴
引き続いて白い光が第3の目に広がり、明るいエネルギーを感じました。」

共鳴でハートが活性化し、ハートが至福の光が溢れ出しているのがよくわかります。

「・・・セッションをありがとうございました。
 瞑想の時の気持ち良いエネルギーが維持できたら
 エネルギー自体にすごい癒し効果がある気がしました。

それをもっと感じてみたいです(#^.^#)
次回のセッションもよろしくお願い致します。

Y.N 」

はい、ハートから溢れる至福の光は癒しのエネルギーそのものです。
それは自分を内側から癒していき、周りにも共鳴で自然に伝わっていきます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/24 18:51】 | Y.Nさん
トラックバック(0) |
大空です^^
A.Kさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

先日は19回目のセッションありがとうございました。
正しい姿勢のご指導をありがとうございました。
日々実践していきます。」

はい、軸・脱力・丹田です^^!

「《グラウンディング》
最後に強いエネルギーを感じる。

《共鳴》
特に無い。

《アイコンタクト》
どっしりとした感覚と静かな自己肯定の感覚。」

とても安定感が伝わってきます。

「《瞑想》
なんでもいいという安心感。

《ハート共鳴》
愛しいという感覚。

今回は「自己肯定」と「愛しい」という新しい体感がありました。
「愛しい」という感覚には対象は無く、今この瞬間だった気がします。
「ありのままの自分でいい」、「いまここが大事」であることは
知的には理解しているつもりでしたが、
体感してみると、そこには「至福」というものがあった気がしました。

今回もありがとうございました。

A.K 」

心身の浄化・リラックスが進み
ハートに安住する感覚、いまここに安住する感覚が深くなっています。

この感覚は果てしなく深まり広がっていきます。

次回のセッションもよろしくお願いします^^

大空

【2013/06/24 18:00】 | A.Kさん
トラックバック(0) |
目の前にいる人、もの、自分も含め全ての存在が幸せであるようにその思いだけがどんどん湧いてきて、静寂、至福とはこのことだと体験できてよかったです

大空です^^
T.Wさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。

「大空さま

こんばんは。火曜日はセッションをありがとうございました

4回目ということで、全体的に気持ちと心がふわーっと軽く感じました

グランディングの瞑想も 山になると言われたら、以前は山をイメージしての入りでしたが、
日常でもやっているので、すんなり自分が山になり
地球との一体感はそうですが、そういう思考は消えて ただトローリとした

思考の中にいるだけ。。という気持ち良い時間でした」

日常でもグラウンディングの瞑想を行っているので
どんどん心身のリラックスが進んでいるようです^^

「目を合わせるセッションは、回を重ねるにつれて気持ちがトローリと
大空さんが幸せであるように・・・とか大空さんと会えてよかった
目の前にいる人、もの、自分も含め全ての存在が幸せであるように
その思いだけがどんどん湧いてきて、静寂、至福とはこのことだと
体験できてよかったです。」

はい、こちらが伝えたいことを共鳴でしっかり受け取っていただけて
うれしい限りです^^

「ハートに意識をおく瞑想は
これからはあまり情報に左右されずに、自分の軸をもっと分厚くしたいな
もっともっと自分の核心にせまってみたい(この感情は以前は私のなかで恐怖な思考でした)

でも今回のセッションで、心からそう思えることができ(実際日常生活でも
いらない情報はブロックしはじめました) 自分の内側と向かい合うことが
今まで怖かったのは何だったんだろうと思いましたが
その感情にたいしても ただ見つめるだけで、消えてしまいました」

意識が内側に、中心に向かっているのが伝わってきます。

「大空さんのセッションを受けて、受ける前の自分と受けたあとでは
変わった私というより、脱皮した私という感じです

重たいものがどんどん取れていき、本来の自分とやっと
向き合えたことが嬉しく思います。

セッションで体感できたことが、日常でもいつもそういう体験できるように
ただただ見つめる訓練をしたいと思います

引越しが落ち着きましたら、またよろしくおねがいします。

T.W 」

共鳴を受け続けることで心身の浄化・リラックスが進んでいますね。
セッションが再開できるようになりましたらご連絡してください^^

大空

【2013/06/23 23:58】 | T.Wさん
トラックバック(0) |
~ 在る ~

「働かざるもの食うべからず」という価値観があります。「何もしない人間には価値がない」という考え方です。「その通りだ」と思われる方が多いことでしょう。「人の役に立たなかったら生きている価値がない」という考え方が現代の道徳律の骨格にあるようです。

しかしこの考え方の裏側の作用として、役に立たない人間を裁いてしまうという結果を生みだしていることも事実です。「今、自分は充分に人の役には立っていないのではないか」とその裏面に意識が向いたとき、「このままではいけない」という思いがわいてきます。

「自分にはもっと人のために何か出来るのではないか」と思考がまわり始める事でしょう。そして、そんな風に考えている自分をなんだか嬉しく感じていることに気付いて下さい。これは思考を使って自己を満たしている想念作業なのです。自我はこれで満たされるわけです。三次元の人間意識の中にある人は、こうして自己を満たすという思考ゲームを続けています。これが地球人類のこれまでのゲームでした。

特定の価値観を握ると、そこに満たされた思いと、満たされなかった思いの二極を体験することが出来ます。満たされなかった思いを満たしてやるというゲームです。全ての価値観に表と裏という二面性があるのだということを知って下さい。どんな考え方であれ、それを受け入れると、そこから二極の世界へ入っていくのです。もちろん二極性の世界が悪いと言っているわけではありません。二極的思考になれきっている我々は、「これこれはこうです」という話を納得すると、その瞬間からそうでないものを間違っている、正しくない、異質のものとして認識し始めます。

ニュートラルな世界へ入っていくためには、数学でいう「逆は必ずしも真ならず」という発想方法を身につけて下さい。その反対は間違ったものでも、正しいものでもありません。ただそうであるだけです。「あの人はこんなことを言っていたからおかしい」という考えが浮かんだ瞬間に「あ、これは二極思考だ」と気付いていて下さい。あなたの正しさに反するものが、間違っているというわけではないのです。

であるならば「人の役に立っていない」という状態も別に問題ではありません。「人の価値はその存在にある」と伝えられました。これまで人類はこの存在の価値をあまり認めようとはしませんでした。それは存在を当たり前と受け止め続けてきたからです。あって当たり前と思えるものに価値を見いだせなかったのは、当然といえば当然でしょう。

健康な人が健康であることに喜びを発見できないのと同じです。病気の人が健康にフォーカスし始めると、健康であること事態に喜びを見い出すようになるように、我々は単に「在ること」事態にフォーカスし始めると、ただ「在ること」に至福を体験できるようになります。そしてこの「在ること」に意識を向け続けると、その悦びの大きさに、人はだんだん圧倒されてくるようになってきます。あまりに偉大すぎるその「存在」に強烈なエクスタシーを体験することでしょう。自分が存在することの至福を体験し始めた人は、これまで自分の抱いていた「無価値感」という概念がいつの間にか消滅してしまっていることに気付くでしょう。

「自分はもっと人の役に立つべきだ」とお思っている方は、何か行動を始める前に、役に立ちたいという思いはどこからやって来ているのか、その源に意識を向けてみて下さい。「この思いはいったいどこからやって来るのか」と内側に問いかけてみて下さい。この尊い考え方も、ひょっとして、エゴの欲望を満たそうとする、自己満足的活動であったかもしれないと・・・。

自我が「良いこと」と判断して取る行動は、あくまでも純粋動機に基づく行動ではありません。全ての「良い」、「悪い」の価値観を手放して委ねていると、あなたの肉体を通して存在の源から純粋な動機がわき上がってきます。あなたの価値判断を使うことなくそれはやって来ます。それが「大いなる一つ」の活動欲求です。その「大いなる一つ」の欲求に従って行動していくとき、あなたは世界一役立つ人間そのものになっていることでしょう。そんな人が「何かしないといけない」と、不安を感じることはありません。そんな人は、たとえ今何もしていなくても「このままではいけない」というエゴの脅迫にたじろぐこともありません。存在の至福を理解できる人であるからです。

そして自我を超越し、ハイヤーセルフに委ねて生活している人が、忙しさを体験することもありません。全ては完全なゆとりの中で、穏やかな環境の中で生活が出来るようになってきます。もしあなたが忙しいと感じているとしたら、それは時間を焦っているということです。もう一度全てを手放し委ねきりましょう。

あなたは存在している事に価値があります。あなた一人がもし欠けたとしたら、この宇宙はその瞬間消滅すると伝えられました。あなたの存在がこの宇宙を支えています。たとえそれが寝たきりの障害者であったとしてもです。あなたはそんなかけがえのない一人です。何かすることがあなたの役割ということではありません。寝たきりの人は寝たきりでいる事がその人の役割です。看病をしたいというその人のために自らその身を横たえ奉仕しているわけです。

地球を救いたいと活動している方はそれが役割です。そんな方々に奉仕するため、地球は病んだふりをして人に奉仕される事を許しています。感ずるままに地球救済活動をなさって下さい。私は地球人類を五次元世界へ誘うのだと、途方もなく楽しいゲームに夢中です。感じるままにこのゲームを堪能しています。「自分は果たして役に立っているのだろうか」という疑問を持つこともありません。そんなことは5%しか機能していない脳で考えても解りっこないと悟っているからです。

人の思考は全て表面意識に属しています。表面意識は自我の領域です。すなわち自分の思考とは、全て自我の思考であるわけです。真に人の役に立ちたいのであれば、もう自分の思考を使わないことです。この時あなたは超人となります。

どうぞ自分の存在について意識を向けてみて下さい。積極的に、そのことに時間を割いて下さい。「何をすべきか」と問いかける前に・・・。存在とは何であるのか、自分とは何であるのか、人間とは何であるのか、生きるとはどういうことなのか、そしてあなたの頭で絶対に考えないで下さい。答えを頭で探さないで下さい。答えは単なる結果です。答えが来ると人は満足を覚えますが、そうするともう問いかけることを止めてしまいます。答えを求めるという活動を通して人は神へと帰っていきます。答えそのものに意味があるわけではありません。答えとは三次元的結果にすぎません。

問いかけて、問いかけて、問いかけて、問いかけて、問いかけます。それこそが積極的覚醒行為であるからです。問いかけるというあなたの積極的なエネルギー操作によって、あなたは一歩一歩ハイヤーセルフに接近していきます。

しかし私がこの事をどんなに強調してみたところで、あなたは決してこのことを実行しようとはしないでしょう。そのことにそれほど必要性を感じないからです。そこであなたのハイヤーセルフは考えます。あなたの最も強く望んでいるものがうまくいかないという結果を創ってみます。これはうまくいきます。必ず「あれ、どうしたのだろう。どうしてこんなことになってしまったのだろう?」と、自然に意識が内側へ向いてきます。これこそが純粋な内側への問いかけ作業です。それがあなたの葛藤です。葛藤があなたの意識を高めることになるゆえんです。

あなたは「存在」です。あなたの為す行為によって産み出される付加価値は、あなたの存在に付け足されたほんの些細な価値にすぎません。あなたの存在の価値の大きさをたとえていうなら、それは地球大かもしれません。もしあなたの存在価値が地球の大きさだと仮定してみるならば、あなたが生涯頑張って築き上げた功績という付加価値の大きさは、ちょうどあなたの住んでいる家一軒分にすぎないでしょう。

「何かすべきだ」と思うその前に、あなたがするべき事があります。それはあなたの内に初めから眠っている自分の存在価値に目覚める事です。とても簡単なことです。それは初めからあるのですから。ただ「何かしなければ価値がない」と信じている人に、この内なる存在価値は発見できないでしょう。ないと思っているモノは見えないからです。

それはあります。間違いなくあります。あなたがこれまで永い永い間、外に向けていたあなたの意識を、内側に向けることによってそれは簡単に見えてきます。初めからあった自分の膨大な存在価値の大きさに、あなたは目が眩んでしまうかもしれません。

~ 津留晃一メッセージ集 「在る」より ~

【2013/06/23 23:15】 | 津留晃一
トラックバック(0) |
ワンネス

ひとつであること

一体であること

すべてがひとつであること

宇宙の真実です

浮かんでは消える思考・感情という部分的現象にとらわれ振り回されると
全体であり、静寂であり、存在そのものである本当の自分を見失います

思考・感情に振り回され、本当の自分を見失ったとしても
全体であり、静寂であり、存在そのものである本当の自分が失われることはありません

それは変わらずずっと在ります

本当の自分を見失ったとしても
本当の自分を再び見出し
本当の自分として在れば
「すべてはひとつ」という真実と共に在ることができます

人類が本当の自分を見出し
「すべてはひとつ」という真実に目覚める時代がやってきています

【2013/06/23 22:32】 | ワンネス
トラックバック(0) |
生じたものは滅する

生じて滅する現象を体験している意識は

ただ広がりきって静まりきって

生じも滅しもせずずっと存在している


究極の真実は

究極にシンプルですね^^


「これは苦しみである

 これは苦しみの生起である

 これは苦しみの滅尽である

 これは苦しみの滅尽に至る道である

 ニルヴァーナ(静寂)を現しなさい

~ 仏陀釈迦牟尼 ~ 」


「静かな広がり、それが真我である

 ~ ラマナ・マハルシ ~ 」


「わたしは何も気にしない

~ クリシュナムルティ ~ 」

【2013/06/23 21:28】 | 真実
トラックバック(0) |
アンドロメダ

わたしは地球に生まれた人間という存在

大宇宙(おおぞら)が地球を生み出し
大宇宙(おおぞら)が人間であるわたしを生み出した

いつか大宇宙(おおぞら)に人間であるわたしは消え行き
いつか大宇宙(おおぞら)に地球は消え行く


わたしは大宇宙(おおぞら)という永遠の存在

大宇宙(おおぞら)であるわたしの中に
地球が生まれ、人間であるわたしが生まれた

いつか人間であるわたしも地球も
大宇宙(おおぞら)であるわたしの中に消えていく

人間であるわたしは生まれては消え行く存在

本当のわたしは永遠に在る大宇宙(おおぞら)という存在

【2013/06/23 21:13】 | 宇宙
トラックバック(0) |
至福の光を発する太陽

ハートはすべての中心

ハートからすべてが生まれ
ハートにすべてが還る

ハートは始まり ハートは終り

ハートは天と地を結ぶ中心
ハートは魂と魂を結ぶ中心

ハートという一点にすべてが集まり
ハートという一点からすべてが広がる

ハートという一点に至福が集まり
ハートという一点から至福が広がる

ハートは至福のエネルギーを生み出す場所
ハートは至福のエネルギーを感じる場所

ハートが閉じることですべての苦しみが生じる
ハートが開くことですべての苦しみから解放される

ハートが閉じると意識は小さな肉体・心に閉じ込められる
ハートが開くと意識は宇宙大の広がりを取り戻す

ハートはすべてを受け入れ
ハートはすべてを放つ

マインドは浮かんでは消える雲
ハートはずっと輝き続ける太陽

マインドは相対
ハートは絶対

マインドは二元
ハートは一元

マインドは分離感を生み出す
ハートは一体感を生み出す

マインドはただ動き回るだけ
ハートはただ静寂・至福で在るだけ

マインドはただ考えるだけ
ハートはただ感じるだけ

マインドはただ放浪するだけ
ハートはただ安住するだけ

マインドは不平不満だらけ
ハートは平安で満たされているだけ

マインドは無常
ハートは永遠

ハートは愛、愛はハート

ハートはすべて、すべてはハート

ハートはわたしたち、わたしたちはハート

至福の光を発する太陽

【2013/06/23 20:57】 | ハート
トラックバック(0) |
地球

地球が目覚めようとしています。
人類が目覚めようとしています。

分離という幻想から目覚め
「すべてはひとつ」という真実に目覚めようとしています。

地球が人類との一体感を取り戻そうとしています。
人類が地球との一体感を取り戻そうとしています。

地球の目覚めが人類の目覚めを促し
人類の目覚めが地球の目覚めを促していきます。

地球の夜明け
人類の夜明けです。

【2013/06/23 20:48】 | 目覚め
トラックバック(0) |
静寂が在る

静寂のみが在る

静寂がすべてに広がっている

静寂がすべてを包み込んでいる

静寂があまねく存在している

静寂がすべての源

静寂がわたしの本性

静寂があなたの本性

静寂がすべての人、すべての生命の本性

静寂の中ですべての現象が展開されている

静寂が創造主・維持主・破壊主

静寂が神

静寂が真我

静寂が空

静寂が唯一

静寂が平和

静寂が真実

静寂が実在

静寂がすべて

【2013/06/23 20:37】 | 静寂
トラックバック(0) |
瞑想とは
いまここで思考・感情が作り出す不平不満を手放して
いまここで平安になり満たされること

瞑想とは
ただ静かに在り
浮かんでは消える思考・感情をただ観ていること

瞑想とは
自分自身を受け入れ
自分自身に安住してしまうこと

瞑想とは
心身の緊張をときほぐしていき
心身をリラックスさせきってしまうこと

瞑想とは
思考・感情との一体感を手放していき
大宇宙との一体感、大自然との一体感を感じること

瞑想とは
ハートの一点にエネルギーを集中させ
ハートの一点から溢れる至福に身も心もゆだねて
静寂・至福にひたること

瞑想とは
自分自身の心を平和にすることによって
その平和を周りに広げていく平和運動

瞑想とは
瞑目して座ることだけではなく
日常生活の中でも心を静寂にしていくこと

瞑想とは
ただあるがままの自分として在ること

瞑想とは
ただ静かに在り
永遠の静寂である自分自身を自覚し続けること

瞑想とは真の平安に至り、真の平安を伝えていくこと

ひとりひとりが平安でありますように

世界が平安でありますように

resize0002.jpg

【2013/06/23 20:32】 | 瞑想
トラックバック(0) |
本当の自分は静寂の意識としてずっと存在してます。

ですから、わたしたちはずっと本当の自分として存在しています。

しかし、わたしたちは
「一体どうすれば本当の自分を知ることができるんだ?!」
と考えています。

「一体どうすれば本当の自分を知ることができるんだ?!」
と考える背景には
「わたしは本当の自分を知らない」
という強い思い込みが存在しています。

本当の自分を知るためには
「わたしは本当の自分を知らない」
という強い思い込みを手放し
「一体どうすれば本当の自分を知ることができるんだ?!」
という考えを手放すことです。

そして
「ただ静かに在ること」です。

ただ静かに在る本当の自分を知るには
ただ静かに在るしかありません。

それが本当の自分を知る方法です。

【2013/06/23 20:04】 | 本当の自分
トラックバック(0) |
悟りとは
浮かんでは消える思考・感情は自分ではないと悟ること

悟りとは
自分は永遠の静寂であると悟ること

悟りとは
自分は現れて変化して消える現象ではなく
自分は現れることもなく、変化することもなく、消えることもなく
ただ存在しているという真実を悟ること

悟りとは
無常なるものは無常であると悟り
永遠なるものは永遠であると悟ること

悟りとは
部分は存在せず
全体のみが存在すると悟ること

悟りとは
自分は喜んだことも苦しんだこともなく
永遠の静寂である自分に
喜びがやってきては去ること
苦しみがやってきは去ることを悟ること

悟りとは
分離感は幻影であり
一体感が真実であると悟ること

悟りとは
思考・感情という夢から解放され
自分は思考・感情という夢を見ていただけだと悟ること

悟りとは
神・わたし・あなた・他人という区別から解放され
すべてはひとつという真実を悟ること

悟りとは
宇宙全体に広がっている静寂の意識の中で
すべての現象が渾然一体となって展開されている真実を悟ること

すべてはひとつ

すべてはひとつ

すべてはひとつ

【2013/06/23 20:01】 | 悟り
トラックバック(0) |
真我は真の我、本当の自分

真我は永遠の静寂

真我は純粋観照者

真我は存在・意識・至福

真我は広大無辺

真我は絶対深遠

真我は宇宙

真我は全体

真我は透明

真我は創造主・維持主・破壊主

真我は自由

真我は大いなるひとつ

真我は在る

真我は実在

真我は遍在

真我は最も大きいものより大きく
     最も小さいものより小さい

真我はすべてに浸透している

真我は空

真我は無

真我は絶対

真我はわたし

真我はあなた

真我はみんな

真我はすべて

【2013/06/23 18:53】 | 真我
トラックバック(0) |
完全にこの瞬間に存在して
心(マインド)が沈黙すると
あなたは純粋意識の状態になります。

その小さな一片の雲が
広大な青空を全部覆い隠すことができると思いますか。

もちろん、それはあり得ません。

しかし、
あなたがその小さな一片の雲と一体になるか、
そのことを信じるか
または、その小さな雲を何とかして消そうとして
その一片の小さな雲に巻き込まれると
気づくとあなた自身がその雲に吸い込まれているでしょう。

広大な青空はもうあなたには見えなくなり
あなたには開かれていません。

その一方で、
思考が浮かんできたときに
ただその思考を観つめて
その思考に賛成も反対もしなければ
あなたは広大な大空に開かれたままでいられます。

あなたが考えるのを止めなければ
突然、何千もの小さな雲が沸き起こって
広大な青空は覆われてしまうでしょう。

その青空は消えてはいません。

青空はずっと存在したままなのですが
あなたの青空の意識が絶え間ない思考によって覆われてしまったのです。

そうなると
あなたは広大な青空とのつながりが断たれてしまいます。

その広大な青空のような
あなたの真の性質である純粋意識、無限性、沈黙、永遠性から
あなたは切り離されてしまうのです。

~ レナード・ジェイコブソン 「今この瞬間への旅」より ~

【2013/06/23 18:37】 | 覚者たちからのメッセージ
トラックバック(0) |
< ヨーガ・スートラの大序 >
1・1 
これよりヨーガの解説をしよう。

< ヨーガの定義 >
1・2 
ヨーガとは心の働きを止滅することである。

< 真我 >
1・3 
心の働きが止滅された時には
純粋観照者たる真我は自己本来の状態にとどまることになる。

1・4 
その他の場合にあっては
真我は心のいろいろな働きと同化した姿をとっている。

< 心の散動を対治する方法 >
1・32
心の散動を対治するためには
何かある一つの原理を対象とする修習が必要である。

< 見る者と見られるもの >
2・17
見る者と見られるものとの結びつきこそが
除去すべき苦の原因である。

~ ヨーガ・スートラより ~

【2013/06/23 18:33】 | ヨーガ
トラックバック(0) |
ニサルガダッタ・マハラジ

探求者とは自分自身を探している人だ。

「私は誰か?」以外のすべての質問を放棄しなさい。

結局、あたなが確信できる唯一の事実とは
あなたは在るということだけだ。

「私は在る」は確かだ。

「私はこれだ」は確かではない。

真実のあなたとは何なのか
それを見出すために努めなさい。

あなたが何なのかを知るために
あなたが何ではないかを知りなさい。

あなたでないものすべてを発見しなさい。

身体、感情、思考、時間、空間、あれやこれ・・・

具象であれ、抽象であれ

あなたに知覚できるものはあなたではない。

知覚するという行為そのものが
あなたの知覚するものが
あなたではないことを示している。

マインドのレベルにおいては
あなたは否定的言語によってしか描写できない。

ということをより明確に理解するほど
あなたの探求はより早く終焉を迎える。

そして、あなたが無限の存在であることを悟るのだ。

~ 近代インドの覚者 ニサルガダッタ・マハラジ ~

【2013/06/23 14:09】 | ニサルガダッタ・マハラジ
トラックバック(0) |
植芝盛平

合気道とは、敵と戦い、敵を破る術ではない。
世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。

合気道の極意は、己を宇宙の動きと調和させ、
己を宇宙そのものと 一致させる事にある。

合気道の極意を会得したものは、宇宙がその腹中にあり
『我は即ち宇宙』なのである。

私はこの事を武を通じて悟った。

敵が『宇宙そのものである私』と争おうとする事は、
宇宙との調和を破ろうとしているのだ。

即ちわたしと争おうという気持ちを起こした瞬間に、
敵はすでに破れているのだ。

合気道は無抵抗主義である。

無抵抗なるが故に、はじめから勝っているのだ。

邪気ある人間、争う心のある人間ははじめから負けているのである 。

では、如何にしたらその邪気を払い、心を清くして、
宇宙森羅万象 の活動と調和することができるか?

それにはまず、神の心を己の心とする事だ。

それは、上下四方、古往今来、宇宙のすみずみにまで及ぶ、偉大なる『愛』である。

『愛は争わない』『愛には敵がない』
何ものかを敵とし、何ものかと争う心は既に神の心ではないのだ。

これと一致しない人間は、宇宙と調和できない。

だから、武技を争って勝ったり負けたりするのは真の武ではない。

真の武はいかなる場合にも絶対不敗である。

即ち絶対不敗とは、絶対に何ものとも争わぬ事である。

勝つとは己の心の中の『争う心』に打ち勝つ事である。

与えられた自己の使命を成し遂げる事である。

~ 合気道創始者 植芝盛平の言葉 ~


【2013/06/23 13:52】 | 合気道
トラックバック(0) |
シャンカラ

目覚めるまでは、夢は真実であるように、
真我の知識が得られるまでは、
身体と真我との同一性は真実であり、
直接知覚などが知識根拠であることや覚醒状態も真実である。

身体を真我と同一視するものは苦しむ。
身体を持たないもの(=真我)は、熟睡状態にあるときと同じく、
覚醒状態において本来苦しむことはない。
見る者(=真我)から苦を取り除くために、
聖典チャーンドーギャ・ウパニシャドなどは、
「汝はそれである」といっているのである。

もし「私のもの」とか「私は」という観念や努力や欲求は、
本性上、真我にはない、ということを知ったならば、
自己自身に安住し続けよ。
努力は一体何の役に立つであろうか。

「私」、すなわち「自分自身」という観念も、
「私の」すなわち「自分自身の」という観念も、無意味となるとき、
その人は真我を知っている者となる。

それは、全体であり、一切に遍満し、静寂であり、穢れなく、
虚空のように安定し、部分をもたず、行為をもたず、一切であり、
常住であり、二元対立を超えている、と知るべきである。

もし人が、「私の」「私」というこの観念をすっかり捨てて、
この境地に対して確信をもつにいたれば、解脱する。

~ シャンカラ著 ウパデーシャ・サーハスリーより ~

シャンカラは8世紀に活躍した中世インドの思想家。
梵我一如思想、不二一元論を提唱した。

【2013/06/23 13:46】 | 覚者たちからのメッセージ
トラックバック(0) |
ガンガジ

あなたが「自分はこういうものだ」と
決め込んでいることが

あなたが本当の自分を体験することの
邪魔をしているのかも知れません。

でも、もしあなたが
自分を決め付けているすべてのことから
もっと深いところに向かっていこうと
心から思ったら

あなたは制限のない心の安らぎ
境界のない平安を見出すことでしょう。

~ ガンガジ ~



ガンガジは近代インドの聖者ラマナ・マハルシの直弟子プンジャジのもとで覚醒し
覚醒を深めていき覚醒を伝えているアメリカ人女性です。

【2013/06/23 10:57】 | ガンガジ
トラックバック(0) |