本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
果てしなく広がる大空の中で至福の光を放つ太陽

至福の光を発する太陽

こんにちは、大空と申します^^

わたしがこのブログを出して
真我・空共鳴セッションを始めるようになった経緯を紹介させていただきます。

長くなりますが、最後まで読んでいただけるとありがたいです。
---------------------------------------------------------------
1970年12月
千葉県に生まれる。

小2の7歳の夏
東京で開催された宇宙博を観に行く。



人類が月に行ったアポロ計画を超ど迫力で体験することになり
ハートが最高に高鳴り
ハートが最高にときめき
ハートが最高に開く\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

このとき、自分の意識が地球を飛び立ち地球からどんどん遠ざかり
無限に広がる静寂の宇宙に広がっていく様子をリアルにイメージすることになる。

すると本当に意識がどんどん広がっていき、思考が完全になくなってしまい
無限に広がる静寂の宇宙にただただ呆然とし至福に浸る体験をする。



この体験がきっかけになり
「ずっと意識を宇宙いっぱいに広げて静寂になって至福に浸っていたい!」
という強烈な思いを持つようになる。

宇宙博を観に行った直後
父親の転勤で千葉県から茨城県に引越しをする。

転校先の小学校で転校初日から
ひどいいじめを受け続けることになる。

極限の苦しみに耐えながら、必死に学校に通い続ける。

そのような苦しみの中、小3の春
ほんの短時間だったが、思考が完全にふっ飛んで
「意識が宇宙いっぱいに広がって静寂になり至福に浸る」という体験をする。

その数ヵ月後、いじめは自然消滅していく。

小4から勉強の成績がトップクラスになり、クラスの人気者になる。
いじめっ子たちともいつのまにか仲良くなる。

※1学年1クラスの小さな小学校だったので
 小2から小6まで同じクラスメイトでした。

中1の春
とても素晴らしい出会いがあり
とても幸せな毎日を送る。

中2の春
非常に大きなトラブルに巻き込まれ
大変苦しむことになる。

どうにもならない大きな苦しみの中、中2の冬、14歳になったばかりの頃
原始仏教・原始ヨーガの思想に出会う。

そして
「真我に目覚めることこそ本当の幸福である」
という教えを知り大きな衝撃を受ける。

そして
「真我に目覚めて本当の幸福を体験したい!
 そして真我に目覚めたい人たちの手伝いがしたい!」
という強烈な思いを持つようになる。

以来ずっと真我の目覚めを求め続け
精神世界の様々な研究・実践を重ね続ける。

※仕事は建設関係、イベント関係、ガソリンスタンド関係、投資関係の仕事を体験

長年実家を離れて、精神世界の探究と仕事に励んでいたが
次第に行き詰まりを見せていく。

そしてついに行き詰まりが限界に達し
2006年春、35歳のとき 
人生をリセットするために実家に戻る。

新たな人生をスタートするために多くのセミナーに参加するようになる。

2008年10月
タマゴボーロで有名な竹田製菓の会長であり
日本一の個人投資家・大株主である竹田和平さんの下で
昔の知人と15年ぶりに奇跡の再会を果たす。

すぐにその知人と親しい交流が始まり
その知人を通じて
夢のように楽しくて素晴らしい人たちと出会い、その人たちと
夢のように楽しくて素晴らしい交流をすることになる。

2009年12月初め
とてもとても大切な人と
あまりにも突然に
あまりにもショックで
あまりにも悲しく
あまりにも苦しい別れを体験する。

2009年12月末
想像を絶するあまりにも素晴らしい出会いを体験し
魂が歓喜に打ち震える体験をする。

2010年春から
とても精神性が高くて素晴らしい活動をしている人たちと
次々と出会い交流するようになり、大いに啓発される。

2010年後半から
思いも寄らぬ大きなトラブルに次々と巻き込まれ
将来の幸せのためにずっと頑張って積み上げてきたものが
すべて完全に崩壊してしまう。

自分の人生に9・11のような大惨事が起こる。

人生最大の試練を迎え、地獄の底に突き落とされる。

極限の不安・恐怖・絶望・怒りにさいなまれ続け
全身が炎に焼かれるような激烈な苦しみにただ耐え続けるしかない
地獄の日々が続く。

地獄の苦しみの中
2010年11月11日、エックハルト・トールの本
「わたしは『いま、この瞬間』を大切に生きます」を読むことになる。

エックハルト・トールの

「本当の自分は思考ではなく、思考を観察している静寂の意識」
「思考を『本当の自分』とみなすのをやめること」
「本当の自分は大いなる存在」
「今に在ること」
「手放すこと」

という教えに強く惹かれ始める。

※「わたしは『いま、この瞬間』を大切に生きます」は
 「さとりを開くと人生はシンプルで楽になる」の要約本です。

2011年1月
地獄の苦しみの中
本当の自分の目覚めを長年伝え続けている阿部敏郎さんの
「いまここ」というブログに出会う。

オープンハートな阿部さんの
本当の自分の目覚めに基づいた気づき、励まし、癒し、笑いをもたらすメッセージに感動し阿部さんのブログをよく訪れるようになる。

2011年2月
「真我」という言葉でネット検索していたとき
ビデオスカイプでゼロ意識共鳴セッションを行っている無空さんのブログを見つける。

無空さんの静寂を強く感じさせるメッセージと
無空さんのセッションを受けている人たちの膨大な数の深い体験談に圧倒される。

以来無空さんのブログを訪れるようになる。

2011年3月11日 
茨城県の実家で東日本大震災を震度6強で体験する。
そして電気・水道のライフラインがまる2日間断絶する体験をする。

電気・水道が断絶している間
いつ電気・水道が復旧するのかまったく分からず
恐怖と不安にさいなまれ続ける。

電気が復旧してテレビを観て
東日本大震災の津波によるあまりにも甚大な被害を知り
呆然自失となる。

そして福島の原発事故が発生する。

「人生はいつ何が起こるか分からない!」
「人生はいつ終わるか分からない!」
と思い知らされる。

まもなく
心の底から敬愛していた人がこの世を去る。

その人の死に大きなショックを受けると同時に
その人がこの世に生まれ
これまで生きていてくれたことに
大きな大きな感謝がハートから溢れて出てくる体験をする。

2011年4月30日
阿部敏郎さんの講演会に初めて参加する。

地獄の苦しみが続いていたにもかかわらず
この日は朝起きると
深くて広い静寂の意識状態になっていて
その静寂と共に講演会に参加する。

このとき世界的な瞑想教師でチャネラーでもあるボブ・フィックスさんと初めて出会う。

このとき、公開チャネリング中のボブさんから

「あなたには自分が気づいたことを人に伝えて
 人に気づきを与える能力があります。
 あなたはそのような活動をすることになるでしょう。
 そしてその活動は必ずしも一人で行う必要はありません」

と告げられる。

講演会後、再び苦しみの日々に戻るが
なぜか、かすかに静寂の香りをいつも感じるようになる。

2011年6月
思わぬ場所で昔の知人と17年ぶりにバッタリ再会し驚く!
その知人とじっくり話すことができ
その知人と交流が始まる。

その数日後、以前買って一度読んだきりだった本
「あるがままに ラマナ・マハルシの教え」を読み直すことになり
沈黙の聖者ラマナ・マハルシの教え・実践に強烈に惹かれるようになる。

2011年6月20日から
ラマナ・マハルシの
「『わたしは誰か?』と自分自身に問い続けることによって真我を実現しなさい」
という言葉に基づき
地獄の苦しみから解放されたい一心で
ワラをもすがる思いで
死に者狂いで
自分自身に「わたしは誰か?」と問い続ける実践を始める。

するとハートの一点に意識が力強く集中していくようになり
思考が薄れていく体験
ハートの一点からものすごい至福が溢れて出てくる体験が始まってくる。

7月後半
思わぬ場所で昔の知人と十数年ぶりにバッタリ再会し驚く!
しかもその知人が無空さんの共鳴セッションを受けていることを知り
さらに驚く!!!

この奇跡の再会で
無空さんの共鳴セッションに急速に心惹かれるようになる。

8月に入り
無空さんから共鳴セッションを受けている蓮(れん)さんに
無料セッションを申し込み
蓮さんから2回共鳴セッションを受けることになる。

1回目の共鳴セッションは初回ということもあり緊張していたので
「なんとなく意識が共鳴しているかな?」
という感覚で終わる。

しかし2回目の共鳴セッションはリラックスすることができ
意識共鳴で
「シ――――――――――――ン」と静まった意識になり
ハートの共鳴で
「ふわぁ――――――――――っ」とハートから至福が溢れ出してきて
四方八方に大きく広がっていくのをハッキリと感じ取る。

「おお、これが意識共鳴か!ハートの共鳴か!これはすごい!」
と驚く。

すると2回目のセッションの翌日から
急激に思考が落ちていき、一気に静寂になっていく体験が始まる。

まるで一気に雲が晴れていって、一気に大空が現れてくるような体験をする。

この体験をして

「本当の自分は思考ではなく、この静寂だ!
 真我は静寂だ!
 真我は空だ!
 自分も無空さんから共鳴セッションを受けて
 共鳴セッションができるようになりたい!
 真我に目覚めて、真我に目覚めたい人たちの手伝いがしたい!」

という強烈な思いが出てくる。

そして2011年8月15日終戦記念日に
無空さんに共鳴セッションの申し込みメールを送る。

翌日16日無空さんから共鳴セッションを受け付けてくれたメールが届く。

その数時間後
想像を絶する強大で広大な至福のエネルギーの渦に飲み込まれ
思考が完全にふっ飛んで、ハート・全身が四方八方に大きく開かれ

「意識が宇宙いっぱいに広がって静寂になり至福に浸っている」

という体験をする。

このとき
「自分はずっと広がりきって静まりきっているだけ」
「自分は無限に広がる静寂の意識空間としてずっと変わらず存在している」
とハッキリ気づく。

自分自身がずっと変わらず存在する











                             
であるとハッキリ気づく。

この体験以降
「意識が宇宙いっぱいに広がって静寂になり至福に浸っている状態」を
いつも自然に感じるようになる

2011年8月終りから
無空さんから共鳴セッションを受け続け
覚者の教えを学び実践し続け
真我・空の意識状態
静寂で至福の状態
平安で満ち足りている状態を深め続け広げ続ける。

2012年7月より、友人の依頼を受け
友人に無料共鳴セッションを週1回のペースで開始し、共鳴セッションをずっと続ける。

共鳴セッションをずっと続ける中で
自分がいつも感じている真我・空の意識状態
静寂で至福の状態
平安で満たされている状態が
ビデオスカイプによる対話といっしょに瞑想することで
共鳴作用によりしっかり相手に伝わることをしっかり確認し続ける。

2012年11月23日
阿部敏郎さんの講演会に参加し、再びボブ・フィックスさんと会う。

このとき、公開チャネリング中のボブさんに自分の体験を伝えたら
ボブさんから

「今あなたのハートにスパークが起こり始めています!
Be a teacher !
Be a teacher !
先生になってください!
先生になってください!」

と告げられる。

2013年1月
無空さんの共鳴セッションを1年4ヶ月受け続けながら
友人に無料共鳴セッションを6ヶ月行い続けてきて
覚醒状態が大きく深まり大きく広がり
覚醒状態の知的な理解・体験的理解が進んでいき
対話のレベルも意識共鳴によるエネルギーワークのレベルも向上し
自分の共鳴セッションがプロの仕事として有料で提供できるレベルになったと感じる。

そして
「いままで友人に無料でセッションを続けてきたけど
 有料セッションにした方が知人もわたしもより真剣にセッションに臨めるようになり
 友人もわたしもより成長できるようになるだろう」
と感じようになる。

友人に
「1月いっぱいまではこれまで通り、無料でセッションを行います。
 2月からは有料セッションにしたいと思うので、ご検討お願いします。」
と伝える。

すると友人からすぐに
「2月からの有料セッションの件、了解しました。 
 是非、申し込みさせていただきたいと思います。

 7月から半年以上の無料セッションありがとうございます。

 やはり、大空さんの共鳴は安定していますし、
 話す内容が、とても知識豊富で、
 さらに、知識だけでなく経験(瞑想体験とか)豊富だというところが、
 とても頼もしく尊敬に値すると思います。

 大空さんが共鳴セッションのブログを出したら
 きっと大空さんの共鳴セッションを必要としていている人たちが
 どんどん集まってくると思いますよ。
 とても楽しみです。」
という返事が来る。

この返事が来て
「共鳴セッションを受け続けてくれた友人がわたしをプロとして認めてくれた!
 よし、共鳴セッションをプロとして広く提供するためにブログを出そう!
 機は熟した!」
と決心する。

そして
「自分がいつも感じている真我・空の静寂・至福が共鳴で伝わりますように
 セッションを受ける方がいつも真我・空の静寂・至福を感じることができますように」
という願いを込めて、自分が提供する共鳴セッションを
「真我・空共鳴セッション」と命名する。

2013年1月後半よりブログ作成を開始する。

2013年2月4日立春より
「真我・空に目覚め、本当の幸福を体験したい人を手伝う仕事がしたい!」
という強い思いでこのブログの告知を始める。

---------------------------------------------------------------
以上、わたしのプロフィールでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

7歳のときに抱いた
「ずっと意識を宇宙いっぱいに広げて静寂になって至福に浸っていたい!」
という夢が
14歳のときに抱いた
「真我に目覚めて本当の幸福を体験したい!
 そして真我に目覚めたい人たちの手伝いがしたい!」
という夢が
やっとやっと実現することになりました
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

本当の自分に目覚めて
本当の幸せを体験することができ
本当の自分に目覚めて
本当の幸せを体験したい人たちを手伝う仕事ができることが
本当にうれしいです^^!

真我・空の意識状態
静寂で至福の状態
平安で満たされている状態を
みなさんと分かち合えることを心から楽しみにしています
(〇^o^〇)(〇^o^〇)(〇^o^〇)(〇^o^〇)(〇^o^〇)

ひとりの平安が多くの人に共鳴し広がっていき
多くの人の平安がさらに多くの人に共鳴し広がっていき
世界が平和になりますように

すべてはひとつ ∞ みんな大空

(追伸 ~ 目覚めのプロセスについて)

わたしが2011年8月16日夜に体験した
目覚めは非常に劇的な体験でした。

ラマナ・マハルシ、エックハルト・トールの目覚めも
非常に劇的な体験でした。

しかし、わたしの共鳴セッションの先生である無空さんは
ゆっくりと穏やかに目覚めていったそうです。

無空さんはあるときラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジの本を読んで
「自分はすでにこの状態にある」
と気づいたそうです。

人生が人それぞれ違うように
目覚めのプロセスも人それぞれ違うものになります。

自分のペースで人生を歩きながら
自分のペースで目覚めていきたい方を
真我・空共鳴セッションでひとりひとり応援させていただきます。

あなたのハートから至福の光が溢れ出しますように^^

至福の光を発する太陽