本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です

大空です^^
Y.Hさんからセッション体験談が届いたので紹介させていただきます。


「大空様

動画をありがとうございました。

土屋太鳳さん、知ってました。

今、福士蒼汰さんと「お迎えです」というドラマをやっています。この世に残っている霊を成仏させてやるというドラマです。」


昨晩テレビでアメリカの霊能力者が来日して

父親を病気で亡くした家族に

父親からのメッセージを伝えるという場面を観ました。

家族しか知りえないことを霊能者が告げるのを聞いて

家族たちが驚いたり泣いたりしているのが印象的でした。

そのドラマやこのようなドキュメントがテレビで放送されると

「肉体は死んでも、意識は残っている」

という認識が広がっていきますね。


「しかし、シュメールと言い、アンドロメダと言い、なんとなく大空さんとは縁を感じますよね。」


はい、非常にシンクロしていますね。


「千賀さんにも興味が湧いてきました。

この本は大空さんが覚醒される前に読まれていた本ですよね?」


「タオ・コード」はハートが大きく開く前に読むことになり

「ガイアの法則Ⅰ・Ⅱ」はハートが大きく開いた後に読むことになりました。


「大空さんのように、ハートの爆発をトーラスの流れだと言っている方って他にいらっしゃるのでしょうか?」


映画「THRIVE」でトーラスのことが広まったので

「ハートを中心にトーラスの流れが存在している」

と気づいた人はたくさんいると思います。


わたしはそれを特に強調して伝えています。


「私は、大空さんの影響を強く受けそうですよね。」


縁があるんでしょうね^^



「セッション体験談です。

1.グランディング

地球とつながり、身体が固定され、温かくなってきました。」


グラウンディングはガイア・地球意識とのハートの共鳴です。

地球と愛し合って

心も体も温めてみてください(*´▽`*)


「2.共鳴

ハートは東回りに回転しながら広がりました。」


ハートを東回りに回転させながら

遠心力でハートを水平に大きく広げてみてください。

    ↓
←(*´▽`*)→
    ↑


「3.アイコンタクト

ひたい、鼻、頭全体にエネルギーが来る感じです。

4.瞑想

頭がジーンとして、額にエネルギーを強く感じ後ろに押される感じがありました。

一応、ハートは回転していますが、今日は特に、頭にばかりエネルギーが来る感じでした。」


力強くエネルギーワークがなされています。


「5.ハートの共鳴

ハートに安住しようとすると、ハートは回って入るのですが、なぜか強いハートからの頭に向かう流れを感じ、

なかなかハートに安住しにくかったです。

流れが外に向かっているということは、マインドを使っているということだと思ったのですが、意識のお話やアンドロメダなどのお話が

面白かったのでマインドをしっかり使ったのかもしれませんね。

結構、すぐにマインドを使い、ハートの流れが外に向かっていることが多いのかなと改めて認識しました。

日ごろから常にハートを意識することが必要だなと思いました。

セッションの間もハートを意識するほうがいいのかな?と思いました。

ありがとうございました。」


ラマナ・マハルシが

「無執着とはどういうことでしょうか?」

と質問に対して、このように答えています。


「想念が起こると共に、その起こったまさにその場所で、
あますことなく完全に消滅させること、それが無執着である。

真珠採りが自分の腰に石をくくりつけて潜り、
海底に沈む真珠を採るように誰もが無執着と共に自己の内に深く潜り、
真我という真珠を手に入れなければならない。」


ハートから頭に向かいがちな心の流れを

ハートに向かわせて

ハートに到達し

ハートに居続けるために

「真珠採りが自分の腰に石をくくりつけて潜り、
海底に沈む真珠を採るように誰もが無執着と共に自己の内に深く潜り、
真我という真珠を手に入れなければならない」

という非常にたくみな比喩でラマナは表現しています。


頭に向かうほど

想念がたくさん出てきて

想念に振り回され

不平不満になり


ハートに向かうほど

想念がなくなっていき

想念に振り回されなくなり

平安になり満たされていきます。


次回のセッションもよろしくお願いします^^


大空





【2016/05/28 10:30】 | Y.Hさん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック