本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
以前両国国技館で開催されたダライラマ法王の講演会に行ったことがあります。

法王がかなり小さく見えるほど離れた席にいましたが

法王が発している癒しの波動をとても強く感じました。

法王の癒しの波動に浸りながら

「なぜ法王は祖国チベットを追われるという非常に苦しい境遇で

 あのような癒しの波動を出すことができるのだろうか?」

と、とても不思議に感じました

先日法王の以下の言葉を見つけました。

法王がチベットから亡命した後

チベットで大きな暴動が起きたときのことを書いています。


「この暴動が起きた当初、私は1959年にチベットから亡命を余儀なくされた時と同じ悲惨な体験をした。

毎日本土からの情報が届き、この数日は心配と不安で押しつぶされそうだった。

しかし、夜いったん眠りに就けば、そういう感情に邪魔されすことなく、眠ることができる。

それには秘訣があるのだ。長年の訓練の結果である。

私は毎日朝三時半に起きて瞑想をし、祈りを捧げるのだが、
その瞑想の中で<トンレン>と呼ばれる修行を毎日行う。

<トンレン>とは<ギブ・アンド・テイク>の意味だが、

相手の抱えている苦しみや不幸を自分が全て引き受け、

その代りに自分が持っている徳や心の平和ですぐれたものを皆相手に与える、

という観想を行うのである。

そこで中国人たちの怒りや憎しみ、不安や疑惑などすべてのネガティブなものを自分が引き受け、
自分の心の平和と徳を、中国人や暴動を起こしているチベット人たちに与える、という観想をするのだ。

実際にそうなるわけではないが、私の感情面ではこれが大いにうまく働いている。

心が怒りに満ちていれば眠ることもできない。

心配や不安があると心の平和は乱され、チベット問題の解決はない。

これは個人、家庭、国際社会のレベルにおいても同じことであり、恐怖、不信、疑惑があると、

それは問題解決の大きな障害となる。

真の問題解決は、互いを尊重し、信頼することから生まれる。

そしてリアリティーを正しく見てアプローチすることが重要であり、

心が惑わされているとリアリティーが見えない。

だからすべての人達に状況を現実的に見るようにと私は言っている。

~ ダライ・ラマ法王 ~  」

ダライラマ法王



【2016/08/16 12:56】 | 大空からのメッセージ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック