本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です

私達は、

正しいか、どうか?
間違っていないか、どうか?
得になるか、どうか?
うまくいくか、どうか?

常に、「理性」つまり「頭」によって判断し、行動してきました。

本当は、こっちへ行きたい!

けれど、

「そっちへ行ったら苦労するヨ!」
「そっちへ行ったら何の保証もないヨ!」
「そっちへ行ったら、生活できなくなるヨ!」
「そっちへ行ったら、人から非常識と云われるヨ!」

 ・・・

いつも、そうやって「心の声」「心の願い」を無視して、
理性的に生きてきました。

特に、知性的な人ほど、そうです。

知性的な人ほど、自分の直感や望みを、理性で押さえ込む癖があるのです。

それは
「もし直感通りに生きて失敗したらどうしよう!?」
・・という、未来に対する「怖れ」があるからです。

自分を生かしている「宇宙」に対して基本的に信頼していないのです。

だから、人生は常に、理性によって
どちらかに行くべきか「正しく」判断しようと、してしまうのです。

心の中で、直感に従って自由自在に生きている人に
「羨望」と「憧れ」を感じているにも関わらず、
やっぱり、その一歩を踏み出せずにいるのです。

 ・・・

でも、理性は、未来のことを知ることは出来ません。
理性は、あくまでも過去の体験から、未来を予想することが出来るだけです。

理性は、夢を創ることは出来ません。

未来を創るのは、理性ではなく、
それ以前のもっと原始的・原初的なエネルギー=即ち「夢」です。

人はいつも理性で、あれこれ考えて生きていると、
その人は存在感を失います。

「夢」を失い、人生に「煌めき」を失います。

単なる、「判断するロボット」のように、
決まり切った自動的反応しか出来ない「つまらない人、つまらない人生」
になってしまいます。

自分の心、ハート、直感を大切にし、直感に従って生きるには
「運命を天に任せる、委ね切ること」が必要です。

そのためには、
天に対する、あるいは自分自身の運命に対する、
絶対の信頼が必要なのです。

ある人にとっては簡単な、その生き方は、
しかし、多くの人、特に知性的な人にとってはとてもハードルが高い生き方なのです。

しかし、メッセージは云います。

アセンションとは、論理脳で生きる生き方を卒業し、
ハートで選択し、ハートの中にある夢を展開する生き方に変わることである、と。

ハートを浄化して、はじめてハートで創造し、大脳で処理する事が可能になる。

自分を信じ、子供のように無邪気に、純粋に、未来を信じ、心のままに生きる。

それが新しい時代に、自分と地球を生かす「鍵」となる、と。

なぜなら、それが新しい時代に唯一適合する

「人本来の自然な生き方」・・だからです。


~ モーグルオヤジさんのメッセージ ~


ハートの聖なる空間へ




【2016/10/10 10:42】 | 大空からのメッセージ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック