本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
集中するためにはどうしたらいいでしょうか?

まず、そもそも集中とはどのような状態なのかを考えてみましょう。

多くの人は、何か1つのことや何か1点にフォーカスオンしている状態を集中と思っています。

周りのことに脇目もふらず一心に目の前のことだけを見ている状態や
目の前のことだけに取り組んでいる状態のことを集中だと思っているようです。

しかし、例えば優秀なゴルファーはボールを凝視したりはしないと言います。

いわゆる一点だけに集中しすぎると周りが見えなくなってしまうからです。

周りが見えなくなっている状態はとらわれですから
決して高いパフォーマンスが発揮されているわけではありません。


集中とはリラックスも共存して始めて高いパフォーマンスとなるのです。


そのために必要なことは 2つです。

まずは、何をするかを明確にする認知の脳の働きです。

フェアウェイまでどれくらいの距離で池はどの位置にあり、
風向きや強さはどうで、と考えてどのようにスイングするかを決める。

この認知の脳の働きが絶対的に必要です。

しかし、認知の脳は常に外側を向いているため、とらわれをつくってしまいます。

今日の風はやばい、このコースは難しい、1 打目は最悪だったなどと勝手に意味付けをしてしまいます。

この意味付けがあると心はノンフローになるので、何をするかを明確にできません。

認知脳の働きも落ちてしまうからです。


集中している状態とは、決して周りが見えなくなってしまい視野が狭くなるという状態ではなく、
心の質をしっかりと担保し、余裕やリラックスが共存している状態のことです。

これをつくるためには、もう 1 つ、心の状態というパフォーマンスの質を担保するライフスキル脳を働かせる必要があります。

認知脳が何をするかを明確にし、ライフスキル脳で心の状態をフローにする。

この2つが揃って真の集中状態に入ることができると考えます。


みなさん集中状態に対してのイメージもとにかく外に外にとなっているので、
もっと内に内に向かっていく脳を鍛えていかないといけません。


でなければ、結局は外側へのとらわれがただ強力になっていくことを集中だと思ってしまいます。

それは盲目的な状態でしかありません。

フローになると視野が広がると言っている方もいますが、
周りをちゃんと見ること、見るけれどもそれにもっていかれないこと。


このバランスが大切なのです。

タイガー ウッズ

~ スポーツドクターの辻秀一さん ~


外側の変化する対象に集中するのではなく

ハート・胸の中心に集中して

ハート・胸の中心を広げていくと

心が集中し広がりリラックスしていきます。


瞑想状態

精神集中状態

三昧

フロー

ゾーンと呼ばれている状態になっていきます。


ハートという自分の中心に集中していくことが真の集中です。


ハートという自分の中心からリラックスしていくことが真のリラックスです。


大周天 瞑想

~ 大空 ~


$大空からのメッセージ ∞ ハートがすべて




この日輪をクリックするとあなたのハートが開くように

宇宙からあなたのハートに光が注がれます晴れ




【2016/12/07 11:29】 | 大空からのメッセージ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック