本当のわたしたちはみんな大空のようにずっと広がりきって静まりきっています                                      本当のわたしたちはみんな大いなるひとつなる静寂なる存在です
「比丘衆よ、是等は経行に於ける五の勝利なり、何をか五とす。
 遠行に堪へ、精勤に堪へ、病なく、食・飲・嚼・味正しく消化し、経行に由りて得たる定は久しく住す。
 比丘衆よ、是等は経行に於ける五の勝利なり。

 原始仏典  南伝大蔵経19 増支部経典3 P38 」

「修行者たちよ、これらは歩く修行における五つの勝れた利点である。五つとは何であろうか。

遠くに行くことができるようになり、努力できるようになり
病気にならず、食べること・飲むこと・咀嚼すること・味わうことが正しく消化できるようになり
歩く修行によって得たサマディ(心が集中している状態)は長く保たれる。

修行者たちよ、これらが歩く修行における五つの勝れた利点である。

~ 大空訳 ~ 」


「さあ、修行者よ、そなたは覚醒に努める者として住みなさい。

昼には瞑想歩きをし、坐り、諸々の障害の法から心を浄めなさい。

夜の初分には、瞑想歩きをし、坐り、諸々の障害の法から心を浄めなさい。

夜の中分には、足に足をずらして重ね、念をそなえ、正知をそなえ、起き上がりの想を思惟し、右脇をもって獅子臥を行ないなさい。

夜の後分には、起き上がり、瞑想歩きをし、坐り、諸々の障害の法から心を浄めなさいと。


~ 仏陀がアチラヴァタ沙弥(見習い僧)に行った指導の言葉 

 中部経典 P395 第125 調御地経より (片山一良訳・大蔵出版) ~ 」


仏陀と弟子たちは


〇托鉢のためによく歩く

〇移動のためによく歩く

〇よく歩いた後、坐り、呼吸に意識を合わせ続け、心を集中し続け、心を広げ続ける。サマディを深め続ける


という実践をひたすら行い、心身の健康を保ち、精神性・霊性を磨き続けていました。


仏教では歩くことを経行(きんひん)といい、歩くことを修行と位置付けています。


両肩を後ろに大きく引いて

頭蓋骨を背骨の真上に乗せて、重心が真下に落ちている姿勢で立つと

左右前後のバランスが整った中立の姿勢になり

全身の筋肉がゆるみます。


この姿勢で両腕を大きく振って歩くと

腕の動きによって

体幹部が左右にひねられ続け

体幹部が徐々にゆるんできます。


ハートを中心に気の流れと血液の流れが非常によくなります。


中立の姿勢で大きく腕を振って歩くことは非常に効果の高い気功になります。


わたしは中立の姿勢で大きく腕を振って歩いている最中に

ハートが力強く輝きながら大きく広がっていき

ハートが大爆発を起こして、見性体験することになりました。


自己の本性がハートから宇宙全体に広がっている永遠の愛の光であると見抜くことになりました。


大和田菜穂さんも

「歩いているときに大爆発が起こりました」

と語っていました。


阿部敏郎さんは

「思い切り手足をジタバタさせて暴れまわった直後
 すべてが消えて、すべてがひとつになりました。ビッグバンが起こりました」

と語っていました。


体を動かす動禅と

静かに坐る坐禅は両方ともすばらしい効果があります。


以下の動画は気功の基本運動「ねじりのスワイショウ」です。

両腕と体幹部の回転運動によって、中心軸を発生させ、全身をゆるめて
ハートを中心に気の流れと血液の流れをよくしていきます。




中心軸を立てて、体をゆるめるための歩き方については

「高岡英夫の歩き革命」という本が参考になります。


$大空からのメッセージ ∞ ハートがすべて




この日輪をクリックするとあなたのハートが開くように

宇宙からあなたのハートに光が注がれます晴れ




【2017/07/07 10:33】 | 大空からのメッセージ
トラックバック(0) |

歩く
シリウス・マハナンダ
ギリプラダクシナ(アルナーチャラ巡回行)もまさしくこの「歩く修行・歩く瞑想」でありますね。

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/giripradakshina-folder/generalinfohp.htm

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
歩く
ギリプラダクシナ(アルナーチャラ巡回行)もまさしくこの「歩く修行・歩く瞑想」でありますね。

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/giripradakshina-folder/generalinfohp.htm
2017/07/08(Sat) 20:39 | URL  | シリウス・マハナンダ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック